ニュース
» 2022年05月12日 08時00分 公開

Red Hatは車載用Linuxを開発中、GMは2023年から投入のプラットフォームで採用Automotive Grade Linuxとの関係を聞いた

Red Hatは車載用Linuxを開発中だ。米自動車メーカーGeneral Motorsは、これを車種横断の車載プラットフォームUltifiのベースとして採用する。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Red HatとGeneral Motors(GM)は2022年5月10日(米国時間)、Red Hatが開発中の車載Linuxディストリビューション「Red Hat In-Vehicle Operating System(以下、IVOS)」を、GMが採用すると発表した。IVOSは、GMが2023年より順次投入する車載プラットフォームUltifiのベースとなる。

 IVOSは、車載インフォテインメント(IVI)システムから車体制御、先進運転支援システム(ADAS)まで、あらゆる用途を支える基盤となる。また、車種横断で展開される。

 ADASなどの安全性が最優先の用途で使われる車載システムは、高レベルのサイバーセキュリティと厳格な認証が求められる。そのためソフトウェア開発は長期化し、ソフトウェアアップデートは都度の再認証が必要なため困難。GMとRed Hatは、Ultifiに継続的な機能安全認証の仕組みを導入することで、アップデートのプロセスを簡素化し、頻度を上げることが可能としている。

 「IVOSは、安全性が不可欠な車載システムにLinuxを適用することで、『ソフトウェア定義の自動車』を支えることができる。開発を加速し、コストを下げ、新たなサービスと収益源の機会を広げられる」とRed Hatは言う。

Automotive Grade Linuxとの関係は?

 Red Hatは、IVOSをGM以外の自動車メーカーにも広げようとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。