ニュース
» 2022年05月17日 08時00分 公開

2021年に転職した社会人エンジニアの割合は4%、転職先を決定する上で十分な企業数は? 内定数は?レバレジーズがITエンジニアの転職意識を調査

レバレジーズは、ITエンジニアの転職意識調査の結果を発表した。2021年に転職した社会人エンジニアの割合は4%。社会人エンジニアは、自分に合う企業を吟味してから選考を受けている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 レバレジーズは2022年5月13日、ITエンジニアの転職意識調査の結果を発表した。それによると、社会人エンジニアのうち2021年に転職した人の割合は4%。入社を決めるまでに受けたい企業数で最も多いのは「1〜3社」だった。

2021年1〜12月の間に転職活動をしたエンジニアの割合(提供:レバレジーズ

 今回の調査は、レバレジーズの子会社で、ITエンジニア特化型転職支援エージェント「レバテックキャリア」を運営するレバテックが、300人の社会人エンジニアを対象に実施した。

入社を決めるまでに最低でも受けたい企業数

 転職活動に当たって、入社を決めるまでに最低でも受けたい企業数では、「1〜3社」との回答が最も多く、73.7%を占めた。次いで、「4〜6社」が21.0%、「7〜9社」が3.3%。入社を決めるまでに10社以上の選考を希望する人の割合は2.0%だった。

入社を決めるために、最低でも何社の選考を受けたいか(提供:レバレジーズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。