連載
» 2022年05月20日 05時00分 公開

情報漏えい防止(DLP)プログラムを成功させる5つのステップGartner Insights Pickup(257)

5つのステップでデータを精緻化、展開し、積極的かつ効果的に制御する。

[Laurence Goasduff, Gartner]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Smarter with Gartner」と、ガートナー アナリストらのブログサイト「Gartner Blog Network」から、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

要約

  • 情報漏えい防止(DLP)の導入の35%以上が失敗している
  • DLPの導入は困難と思われがちであり、一貫性のないDLPポリシーは、通常のビジネス活動を阻害する可能性がある
  • 5つのステップのアプローチにより、効果的にデータを制御、保護できる

 多くの場合、情報漏えい防止(DLP)の導入を担当するITリーダーは、導入過程でさまざまな問題に直面する。どのように始めればよいか分からない場合、次のように自問しているかもしれない。

 「どこから着手するべきか」
 「どのデータがビジネスにとって重要なのか」
 「これらのデータはどこにあるのか」
 「データの所有者は誰か」

 DLPプログラムは情報セキュリティを向上させ、ビジネス情報をデータ侵害から保護することを目的としている。単なるツールではなく、定義されたプロセス、十分な知識と訓練に裏打ちされた人材、効果的な技術を組み合わせたアプローチだ。

 だが、DLPは全ての攻撃を阻止することも、ビジネスプロセスの不備によるリスクを軽減することもできない。「DLPプログラムはリスクを減らす取り組みであり、リスクをなくす取り組みではない」と、Gartnerのディレクターアナリストのアンソニー・カルピーノ(Anthony Carpino)氏は説明する。「DLPを技術ではなくプログラムやプロセスとして扱い、具体的なステップを踏むことで、導入の成功につながる」

ステップ1:プログラムのスコープを決定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。