Gartner Insights Pickup

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Smarter with Gartner」と、ガートナー アナリストらのブログサイト「Gartner Blog Network」から、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

Gartner Insights Pickup(359):

公共の政策の多くは生成AIの使用に関して透明性を求めている。公共機関のCIO(最高情報責任者)は、生成AIによるリスクがあることを理解しなければならない。

[Ben Kaner, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(358):

サイバーセキュリティインシデントの発生頻度とコストが上昇を続ける中、再びサイバーセキュリティ保険への関心が高まっている。サイバーセキュリティ保険は企業のセキュリティを高めるわけではないが、包括的なサイバーセキュリティプログラムの重要な一部になる。

[Paul Furtado, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(357):

アナリティクスとAIは相互に関連し、さまざまな分野に影響を与えている。これらがもたらす機会を活用しリスクを最小限に抑えるために、D&Aのリーダーはアナリティクスやデータサイエンスのエコシステム、ユーザーの行動などに対するAIの影響を考慮する必要がある。

[Mike Fang, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(356):

パーソナルブランディングとプロフェッショナルブランディングにより、経営幹部としての影響力と存在感を高めるべきだ。ほとんどのビジネスリーダーは、強いエグゼクティブプレゼンスや個人的影響の重要性を理解している。だが、それらを向上させるために時間とエネルギーを費やすことをためらいがちだ。これは間違っている。

[Ava McCartney, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(355):

クラウドAIはAI機能の実装を加速させるが、特に生成AI需要への対応には膨大なリソースが消費される。クラウドAIの選択にはAI機能自体に加え、サステナビリティ態勢も評価の最優先事項になる、さまざまなベストプラクティスがある。

[Ed Anderson, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(354):

生成AI、特に大規模言語モデル(LLM)は、データ品質の問題に取り組む新たな機会をデータ担当者に提供する。LLMによって多くの問題が解決しやすくなる一方、その限界によって新たな課題が出てくる。

[Jason Medd, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(353):

効果的なリスク管理はビジネスレジリエンスに不可欠であり、リスクに取り組む文化を必要とする。リスクは避けるべきものと考えられるのではなく、ビジネスの意思決定の判断材料として活用される。持続可能でデータドリブンな企業には、機会、リスク管理、文化の適切なバランスが必要だ。

[Saul Judah, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(352):

今日の企業は、サイバーセキュリティだけでなく、特に地政学や金融などのさまざまなリスクがある不確実な世界で事業を展開している。だが、セキュリティとリスクマネジメントのリーダーは、ミッションクリティカルな業務の完全性を、常に例外なく確保することを求められている。

[Luke Ellery, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(351):

モダンなソフトウェアアーキテクチャの多くは、他のチームやクラウドプロバイダーによって構築された複雑な分散システムのため、開発と運用が交わる領域で問題を引き起こす。この問題に対する新しい解決策が、プラットフォームエンジニアリングだ。本稿では、プラットフォームの4つの特性と現状、今後の展望について紹介する。

[Paul Delory, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(350):

データ侵害の大部分は、人的要素が関与している。生成AIは、従業員に起因するサイバーセキュリティインシデントを減らす切り札になるだろうか。

[Richard Addiscott, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(349):

AIへのアクセスが民主化されたことで、AI TRiSMの必要性はさらに切迫している。AI TRiSMは、AIモデルのガバナンス、トラスト、公平性、リライアビリティ、堅牢性、透明性、データ保護をサポートする一連のソリューションだ。本稿では、企業がAI TRiSMをAIモデルに組み込むべき4つの理由を紹介する。

[Avivah Litan, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(348):

急速に変化する厳しい世界経済環境を背景に、企業はデジタルビジネストランスフォーメーションを加速させている。サイバーセキュリティリーダーも、担当する取り組みを加速させ、自社のデジタル化におけるサイバーセキュリティの重要な役割を実証する必要がある。

[Richard Addiscott, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(347):

アイデンティティーガバナンス/管理(IGA)は、さまざまな環境にわたってデジタルアイデンティティーのライフサイクル管理とコントロールを担う。本稿では、最高情報セキュリティ責任者(CISO)に必要な3つのステップを紹介する。

[Sagar Patel, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(346):

前編では、コンテナとKubernetesの主なメリットや難しさ、課題、一般的なユースケースについて述べた。後編となる今回は、コンテナ管理の9つの新トレンドについて紹介する。

[Wataru Katsurashima(桂島 航), Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(345):

コンテナとKubernetesは、クラウドネイティブアプリケーションを構築し、マルチクラウドを実現するための優れたプラットフォームとして台頭している。企業にさまざまなメリットをもたらすコンテナとKubernetesについて知っておくべきことを、前編と後編の2回に分けてお届けする。

[Wataru Katsurashima(桂島 航), Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(344):

ランサムウェア攻撃の脅威が年々エスカレートしており、最高情報セキュリティ責任者(CISO)には、自社の被害を防ぎ、最小限に抑えなければならないというプレッシャーがのしかかっている。自社のレジリエンスを高めるには、強靭性を維持し、ダウンタイム削減に役立つ協調的な封じ込め戦略の準備をしなければならない。

[Wayne Hankins, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(343):

経営リーダーは、自らがリーダーとしての行動様式を変える必要があることを認識し、イノベーションを加速させる上で重要な行動をマスターしなければならない。

[Tsuneo Fujiwara, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(342):

サイバーセキュリティリーダーが抱える特有のストレス要因は、燃え尽き症候群のリスクを高めるものだ。Gartner Peer Communityはサイバーセキュリティリーダー178人を対象に、燃え尽き症候群の最も一般的な原因に関する調査を行った。

[Chalsley Taylor, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(341):

生成AIの急速な普及を受けて、企業でナレッジとスキルの民主化が大きく進みそうだ。ITリーダーは、生成AIの民主化効果を活用し、成長機会を創出しなければならない。同時に、これに伴う重大なリスクを軽減する必要がある。

[Arun Chandrasekaran, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(340):

Gartnerのエキスパートが、インフラとオペレーション(I&O)のリーダーシップ戦略と、ビジネスの成功に向けて人材を成長させ、プロセスを変革する方法を論じた。

[Alexis Wierenga, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(339):

インダストリークラウドプラットフォーム(ICP)は、企業のミッションクリティカルな優先事項に合わせて、業界固有の成果を実現する。本稿では、ICPの仕組みと新たな価値について紹介する。

[Gregor Petri, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(338):

地球インテリジェンスとは、地球に関するあらゆるデータを収集し、行動につながる情報に変えることを指す言葉だ。商業や環境問題への応用で、ますます重要になっている。ビジネス価値の高いユースケースとしては、環境モニタリングや気象予報、山火事の軽減などが挙げられる。

[Nick Ingelbrecht, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(337):

ロードマップの価値は、テクノロジーをビジネス目標と結び付けることにある。本稿では、ステークホルダーにとって価値のあるものにする4つのステップを紹介しよう。

[Jackie Wiles, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(336):

生成AIに注目が集まる中、企業の経営幹部は「このテクノロジーによってどうすれば実際に価値を生み出せるか」を理解しようと躍起になっている。まだ不明確な生成AIのリスクプロファイルを評価しながら、その基盤となっているテクノロジーを基礎から学んでいるところだ。

[Brian Prentice, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(335):

組織がAI導入を成功させるには「AIに仕事を奪われるのではないか」という従業員の不安に対処し、チェンジマネジメントをし、人材構成を改善する必要がある。

[Pieter den Hamer, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(334):

インテリジェントアプリケーションは人工知能(AI)で拡張され、取引や外部ソースからのデータが注入されている。生成AIの機械学習(ML)により、自律的な応答を改善していく。これはユーザーや開発者の体験を変革する可能性があり、生成AIの域をはるかに超えている。

[Jackie Wiles, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(333):

企業は、従来のアクセス管理ソフトウェアよりも堅牢(けんろう)で機能豊富なソリューションを求めている。本稿では、アクセス管理プラットフォームを評価する方法を紹介する。

[Philip Booth, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(332):

この先、AIベースのマシンカスタマー(顧客としてのマシン)は増加し、洗練され、強力で独立した意思決定者、取引者となる見通しだ。本稿では、ビジネスリーダーに向けて、マシンカスタマーを引きつける5つの方法を紹介しよう。

[Kasey Panetta, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(331):

環境サステナビリティ(持続可能性)は、ビジネスリーダーにとって重要な焦点となりつつある。AI(人工知能)は、この点で注目される重要な技術の一つだ。本稿では、より持続可能なAIを展開する5つの方法を紹介する。

[Kristin Moyer, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(330):

顧客が人間であることは当たり前に思えるが、顧客が人間ではなくなったらどうなるだろうか? 既に、AIによる人間以外の顧客が何らかの形で存在している。その利用に向けた準備を整えるべき時だ。

[Don Scheibenreif, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(329):

医療業界では、生成AIへの関心が急速に高まり、導入も急ピッチで進んでいる。だが、規制が追い付いていないため、医療機関がガードレールを設け、生成AIが責任ある方法で使われるようにすることが重要だ。

[Sharon Hakkennes, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(328):

本稿では、先進的なソフトウェアエンジニアが、ソフトウェア開発ライフサイクルに沿ってAIを重要な活動にすぐに取り入れる5つの方法と、ソフトウェアエンジニアリングリーダーがチームに、計画からテストまでの各段階にAIを持続的に統合できるように準備を整えさせる7つの方法を紹介する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(327):

今後、従来のビジネスを変えるテクノロジーディスラプション(創造的破壊)がさまざまな市場で起こるだろう。ITリーダーはこうした動向に精通し、それらがもたらす脅威と機会を理解することが重要だ。

[Ben Pring, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(326):

公共機関はAI(人工知能)技術への理解を徐々に深めており、サービス提供の改善に向けて投資を増やしている。だが、「ChatGPT」のようなモデルによる生成AIの台頭に伴う課題が生じており、新たなマインドセットが必要とされている。

[Dean Lacheca, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(325):

さまざまなサイバー攻撃に対して、企業は対策を自動化したり、セキュリティパッチを導入したりしているが、全ての攻撃を防ぐことはできない。継続的に、ビジネスを大きく脅かす脅威への対処に注力すべきだ。

[Kasey Panetta, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(324):

ITハードウェアベンダーにとって、サーキュラーエコノミー(循環型経済)への対応はもはや不可欠だ。Gartnerは、2030年までに対応製品が80%に達すると予測する。ベンダーはどう取り組むべきなのか。

[Annette Zimmermann, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(323):

データ/アナリティクスの効果的なリスク管理/内部統制環境を整備するには、データやアナリティクス、AIのリスク、関連するリスク判断に加え、それらがビジネス成果に与える影響を十分に理解する必要がある。

[Saul Judah, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(322):

組織の戦略を成功させるにはどうすればよいのか。本稿では、戦略を効果的に実行するためのヒントと、それを妨げる障壁、5つの重要な柱について紹介する。

[Jackie Wiles, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(321):

各国の政府機関で、「ポスト・デジタル」へシフトする動きが進んでいる。デジタル化だけでは十分な成果を挙げられない状況になっている。

[Ben Kaner, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(320):

顧客のアジリティ実現とリスクの軽減という2つの目標を達成するには、どうすればよいのか? 本稿では、そのための重要なポイントを紹介する。

[Daniel Betts, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(319):

プラットフォームエンジニアリングのチームを作り、取り組みを拡大するには、幾つかの段階を踏む必要がある。各段階について解説する。

[Lori Perri, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(318):

ビジネスリーダーはAIに大きな期待を寄せている。AIをどう活用し、ビジネス価値やリスク、人材、投資の優先課題にどう取り組むかを検討しなくてはならない。本稿では、ビジネスリーダーとしてAI導入を成功させるために、全てのCIOが押さえておくべき5つのポイントを紹介する。

[John S Hillery, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(317):

本稿で紹介する中核的プラクティスとビルディングブロックにより、アダプティブな(適応力の高い)ビジネス戦略を策定し、機会と脅威への自社の対応を迅速化できる。

[Jackie Wiles, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(316):

生成AIのチャットエンジンから一見知的な返答があったと書くと、専門家から「単なる余興」「予測アルゴリズムの産物にすぎない」などとたしなめられる。だが、人間の知性は生成AIと比べてはるかに高いレベルにあるという、われわれの認識は正しいのだろうか。

[Craig Roth, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(315):

企業におけるSASE(Secure Access Service Edge)の評価や設計、導入準備、利用が進んでいる。本稿では、SASEの3つの導入方法を紹介する。

[Andrew Lerner, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(314):

高成長企業は経済の混乱をよそに、2023年度に2桁成長を見込んでいる。成功に向けて戦略の多様化、集団的リーダーシップ、ストレスやショックへの耐性を独自に活用している。

[Dave Aron, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(313):

なぜ、ハイブリッドワークはうまくいかないのか……? 本稿では、うまくいかない理由と、その改善ポイントを紹介する。

[Tori Paulman, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(312):

Web3の基盤となるブロックチェーンを使用するアプリケーションは、新たな脆弱(ぜいじゃく)ポイントを抱えることになる。今回は、レポートから15の脆弱ポイントについて紹介する。

[Avivah Litan, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(311):

AI(人工知能)の普及が加速し、早々にAI規制の枠組みやインフラの確立が求められている。本稿では、国際規制機関が対処すべきAIの脅威をカテゴリー別に3つ紹介する。

[Avivah Litan, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(310):

ハイブリッドワークに対する期待のピークは、非常に長く続いてきた。だが、いよいよ次の段階に動き出しつつある。今後ハイブリッドワークを成功させるにはどうすればよいのだろうか。

[Tori Paulman, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(309):

Gartnerは、2023年に世界の企業向けネットワーク接続サービス支出は2600億ドルを超えると予測している。本稿では、Gartnerが注目している企業ネットワークのトレンドのトップ5と、企業のソーシングチームへのアドバイスの概要を紹介する。

[Andrew Johnson, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(308):

PLG(プロダクト・レッド・グロース)戦略は、ユーザーにプロダクトを試してその価値を体験してもらい、購買につなげることに主眼を置いている。本稿では、PLG戦略を成功させるためのポイントを紹介する。

[Lori Perri, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(307):

先日、数人の同僚とサイバーセキュリティ製品の進化について議論した。本稿では、それらの注目すべき機能について具体的に紹介する。

[Dionisio Zumerle, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(306):

OpenAIの「ChatGPT」をはじめ、このところ、生成AI(ジェネレーティブAI)の進化が目まぐるしい。テキスト作成は得意だが、UIやUXのデザインについてはどうだろうか――。

[Will Grant, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(305):

ほとんどのサイバー攻撃を引き起こすのは、機械ではなく人間の脆弱(ぜいじゃく)性だ。サイバーセキュリティのリーダーは、セキュリティ予算をテクノロジー的な対策の強化に配分する前に、人的要素を考慮する必要がある。

[Richard Addiscott, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(304):

AIのイノベーションは加速しており、さまざまな業界でジェネレーティブAI(生成AI)のユースケースを数多く生み出している。ジェネレーティブAIは、特定のモノについて可能なさまざまな設計を探索し、正しい、最適な組み合わせを見つけられる。本稿では、企業に価値をもたらす4つのユースケースを紹介する。

[Brian Burke, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(303):

IT幹部は、データとアナリティクス(D&A)の取り組みにかかるコストにビジネス価値を示せなければならない。本稿では、D&A戦略への支持を獲得するのに役立つ6つの方法をお伝えする。

[Alan Duncan, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(302):

技術市場では常に変化が起こる。Gartnerは、2023年には、全てのIT企業が4つの新たなトレンドへの対応を迫られると予測している。

[Lori Perri, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(301):

エッジコンピューティングはホットだ。しかしその一方で、非常に未熟で、成長するのに時間がかかっている。それはなぜか――?

[Tom Bittman, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(300):

経営幹部は、2020年代もビジネスと技術の戦略の見直しを迫られている。本稿では、ビジネスの再構築を促す6つのマクロ要因を紹介する。

[Jordan Turner, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(299):

IT業界ではインフラアプローチが何度も大きな進化を遂げている。メインフレームからミニコンピュータに移行した1970年代に始まり、現在はクラウドネイティブインフラストラクチャが登場している。今後もこうした劇的な進化を取り入れていくには、われわれはどうすればよいのだろうか。

[Tony Iams, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(298):

年の初めに、職業人としての目標を設定する人が少なくない。本稿では、CIOが2023年に取り組むべき7つの抱負を紹介する。

[Lori Perri, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(297):

ERPは終わったのか。それとも、未来があるとすれば、それはどんなものなのか。今回は、前回の「ERPは終わったのか」の続編をお届けする。

[Tonnie van der Horst, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(296):

ERPは終わったのか、それとも未来があるのだろうか。そしてERPに未来があるとすれば、それはどんなものだろうか。

[Tonnie van der Horst, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(295):

経営リーダーは、取締役会が考える優先事項を理解すれば、活動と投資を自社の戦略的方向に合わせられる。

[Lori Perri, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(294):

I&Oリーダーは今後12カ月を見据えて、どんな目標を立てればよいのだろうか? 10の目標例を紹介しよう。

[Henrique Cecci, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(293):

2023年に入って間もないこの時期に、今年以降のネットワーク投資の動向を考えてみよう。

[Andrew Lerner, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(292):

未来の働き方を目指すには、今後、どのような取り組みへの投資が必要なのだろうか。

[Tori Paulman, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(291):

ベンダーを評価するには、詳細な目標や基準の設定、優先順位付け、モニタリングが必要になる。そのためのヒントを紹介する。

[Colin Reid, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(290):

自社が混乱に直面したら、3つのコスト削減対策を検討し、適切な計画を立てる必要がある。

[Lori Perri, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(289):

従業員は、デジタルワークプレース技術をなかなか好きにならないかもしれない。だが、ITリーダーは、従業員が技術によってどのようにつながってコラボレーションし、成功できるかを伝えるためにもっとできることがある。

[Jackie Wiles, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(288):

ITベンダーの提案や契約更新でインフレによる値上げに直面したら、その根拠となる情報を全て詳細に把握すべきだ。

[Jackie Wiles, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(287):

デジタルガバメント技術およびプラクティスは、市民サービスの提供方法に変革をもたらし続けている。後編では、開発のための洞察や支援技術の普及、その他の技術について紹介する。

[Lori Perri, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(286):

デジタルガバメント技術およびプラクティスは、市民サービスの提供方法に変革をもたらし続けている。個人や企業、社会にとって、次はどんな展開になるのだろうか。

[Lori Perri, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(285):

CFO(最高財務責任者)とCIO(最高情報責任者)がデジタル投資について生産的な会話をするには、“同じ言葉”で話す必要がある。だが、多くの場合、そうではない。

[Jackie Wiles, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(284):

企業はしばしば、「SREとは何か」「SREで何をするのか」といった疑問を抱く。本稿では、SREに関する過去2年間の調査から分析結果をまとめたレポートの概要を紹介する。

[Daniel Betts, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(283):

「ITがどのようにビジネス価値をもたらすか」を伝えるITバリューストーリーは、語り方を変えることでインパクトを高められる。

[Robert Naegle, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(282):

近年増加しているAPT(Advanced Persistent Threat)攻撃(高度で持続的な標的型攻撃)は、昔からおなじみの「Annoyingly Persistent Teenager」(わがままを押し通すティーンエージャー)と略語が同じで、攻撃の内容も似ている。効果的な対抗策とは。

[Nader Henein, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(281):

CIO(最高情報責任者)がデジタルトランスフォーメーション(DX)をリードし、結果を出すには、5つの重要な特性を備える必要がある。

[Lori Perri, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(280):

「地獄への道は善意で舗装されている」といわれる。私の意見では、クラウドの煉獄(れんごく)への道は空虚な決まり文句で彩られている。

[Lydia Leong, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(279):

ビジネスインパクトが、クラウドサービスを効果的に統合するための重要な判断基準となる。

[Lori Perri, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(278):

クラウドのコスト管理は、多面的で複雑な問題だ。そして、それは国ごとに異なる。本稿では、クラウドコストを各国のビッグマック1個の価格を基準に考えてみよう。

[Henrique Cecci, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(277):

ITコストを短期間で削減しなければならないというプレッシャーに対処する一方で、組織への中長期的な悪影響を防ぐには――。コストを削減する10の方法を紹介する。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(276):

企業が「Kubernetes」の導入規模を拡大している。Kubernetesは、DevOpsをサポートするために一から設計された、コンテナ化されたサービスの設定や管理を自動で行うオープンソースソフトウェアだ。

[Tony Iams, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(275):

中立的なデジタルIDの普及が進まなければ、普遍的な所有権と説明責任は定着しない。本稿では、デジタルIDの中立性の可能性と問題、重要性について考える。

[Homan Farahmand, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(274):

Gartnerには、「ビッグデータ」に関する問い合わせが継続して寄せられているが、「Apache Hadoop」についての問い合わせは多くない。本稿では、Hadoopの現状と今後の動向について考察する。

[Merv Adrian, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(273):

インシデント対応の自動化ワークフローは、解決プロセスが人間の介在なしに進むことに価値がある。それには、人間の信頼が必要だ。

[Chris Saunderson, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(272):

今回は、オンプレミスデータベース管理システム(DBMS)に関するよくある誤解を解消しよう。

[Merv Adrian, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(271):

非リレーショナルのデータベース管理システム(DBMS)市場において、専業ベンダーのシェアは大きくない。1社のみが独走しているのが現状だ。今回は、各社の割合と今後の展開について考える。

[Merv Adrian, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(270):

CISO(最高情報セキュリティ責任者)は重大なセキュリティインシデントを心配する。こうしたインシデントが発生すると社内での地位も脅かされると考えるからだ。だが、実際には、CISOは主に侵害への対応で評価される。

[Lori Perri, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(269):

Gartnerのデータベース管理システムチームには、よく「オープンソースDBMS(OSDBMS)を検討すべきか」という質問がある。今回は、OSDBMSの進化と市場価値について考えてみよう。

[Merv Adrian, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(268):

2021年のデータベース管理システム(DBMS)市場は、全売上高(約800億ドル)の80.6%を上位5社が占めた。今回は、残りの20%弱(約160億ドル)のパイを取り合うベンダーのうち、非リレーショナルDBMS専業ベンダーについて見ていこう。

[Merv Adrian, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(267):

自動化を誤った方法で行うと、データ利用やプロセス、従業員の士気、顧客満足度に悪影響を与える恐れがある。本稿では、自動化でよくある10の間違いについて紹介する。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(266):

I&Oリーダーは、いつでもどこでもワークロードを展開できる柔軟な戦略を必要としている。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(265):

特権アクセス管理(PAM)は、サイバー防御メカニズムとして優先的に取り組むことが不可欠だ。本稿では、その理由と、具体的な方法について紹介する。

[Homan Farahmand, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(264):

Gartnerは、マルチクラウドネットワーキングソフトウェア(MCNS)に関するマーケットガイドの最新版を発表した。本稿では、その新興市場の動向を紹介する。

[Andrew Lerner, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(263):

新しい働き方をサポートするために、今後活用が進むと予想される3つのクラウドベースのデジタルワークプレース技術を紹介する。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(262):

データガバナンスを画一的なものでなく適応型にすることで、デジタルビジネスのニーズに対して柔軟に対応できるようになる。後編となる今回は、適応型ガバナンスについて具体的に説明しよう。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(261):

データガバナンスを画一的なものでなく適応型にすることで、デジタルビジネスのニーズに対して柔軟に対応できるようになる。前編と後編の2回に分けてお届けする。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(260):

開発者のインフラ管理は、オールオアナッシングの命題ではない。本稿では、開発者によるクラウドのセルフサービス利用に関するポイントを紹介しよう。

[Lydia Leong, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(259):

多くの企業がハイブリッドワーク(オフィスワークとテレワークを組み合わせた勤務形態)に移行する中、従業員がそれぞれの環境で複数の異なる製品を使用するのは効率が悪い。本稿では、その問題点と解決方法について考える。

[Andrew Lerner, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(258):

データベース管理システム(DBMS)市場の成長が加速している。その主要動向について説明しよう。

[Merv Adrian, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(257):

5つのステップでデータを精緻化、展開し、積極的かつ効果的に制御する。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(256):

CIO(最高情報責任者)やサイバーセキュリティリーダーにとって、クリティカルなインフラストラクチャのサイバーフィジカルシステムに注意を払い、これらに関する将来予測を踏まえてセキュリティ対策を立てることは、これまで以上に重要になっている。

[Robert Snow, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(255):

MITREは、Gartnerがよく問い合わせを受けるトピックだ。本稿では、MITRE ATT&CKのフレームワークについて説明する。

[Pete Shoard, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(254):

クラウドコストが予算を超過する原因は1つではない。本稿では、その7つの主な原因を紹介する。

[Lydia Leong, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(253):

われわれは、Amazon Web Services(AWS)の大規模障害からいくつかの教訓を得た。今回は、後編をお届けする。

[Lydia Leong, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(252):

われわれは、Amazon Web Services(AWS)の大規模障害からいくつかの教訓を得た。前編と後編の2回に分けてお届けする。

[Lydia Leong, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(251):

インフラの自動化を進め、レガシーアプリケーションをモダナイズし、XaaS型コストモデルを検討することで、デジタルトランスフォーメーションを支えることが求められる。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(250):

インフラの優れた選択肢が出てきているが、CIO(最高情報責任者)はより大きな不確実性とさらなるリスクおよび大げさな主張に悩まされている。

[Manasi Sakpal, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(249):

ビジネステクノロジストは、企業における新しい技術提供モデルの確立に貢献している。

[Ashutosh Gupta, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(248):

サイバーセキュリティとその影響に対する責任の共有は、ビジネス上の意思決定として経営幹部が積極的に参加できる環境を整えることによって、実現する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(247):

クラウドは単なる他人のコンピュータではない――。後編となる今回は、クラウドプロバイダーの情報開示について説明する。

[Lydia Leong, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(246):

クラウドは単なる他人のコンピュータではない――。前編となる今回は2021年に起きた3つのインシデントにスポットを当ててお話ししよう。

[Lydia Leong, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(245):

「サイバーセキュリティメッシュ」「アイデンティティーファーストのセキュリティ」「セキュリティに精通した取締役会」「プライバシー強化コンピュテーション」などが、注目トレンドとなっている。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(244):

セキュリティおよびリスク管理戦略を効果的に進める3つの方法を紹介する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(243):

文化やシステムの問題が、組織を脆弱(ぜいじゃく)にしている可能性がある。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(242):

ネットワークアーキテクチャの変化に伴い、ネットワークセキュリティには、信頼性の高い定番技術と新技術を組み合わせた新しいアプローチが求められている。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(241):

仕事の未来に向けて従業員の満足度、パフォーマンス、準備を高める3つの方法を紹介する。

[Manasi Sakpal, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(240):

「Log4j」の脆弱(ぜいじゃく)性がもたらすリスクを理解し、関連する潜在的な脅威から企業システムを保護するための対策を把握する。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(239):

主要ハイテク企業がデータとアナリティクス(D&A)技術に投資する目的の最たるものは、顧客基盤の拡大だ。D&A技術投資で最も人気のあるイノベーション分野は、クラウドとなっている。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(238):

コンポーザブルビジネスの実現への貢献が、今後1年間のIT投資選択の大きな要因になる。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(237):

ITリーダーは、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で永遠に変わった世界の中で、ITを活用して価値を生み出す無限の可能性を持っている。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(236):

ランサムウェア攻撃を受けたら、あなたの会社はどうするか。データを取り戻すために身代金を支払うべきか。難しい判断を迫られるが、準備が物を言う。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(235):

「CARE」フレームワークを使って、組織のサイバーセキュリティプログラムの信頼性やディフェンシビリティを証明する指標を作成する。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(234):

Dow Chemical、Turku City Data、ZF Group――3社はどのように発想を転換し、データの収益化に成功したのか。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(233):

データリテラシーを推進し、その成果を適切な指標で測定する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(232):

データとアナリティクス(D&A)の価値をステークホルダーに納得させるには、D&Aがどんなビジネス成果をもたらし、ステークホルダー個人にどんなインパクトを与えるかを伝える必要がある。そのために役立つ6つのステップを紹介する。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(231):

顧客サポートおよびサービス(CSS)のリーダーは、有望なテクノロジーを評価し、投資を再検討する。本稿では、顧客サービスとサポートにおける5つの主要トレンドを紹介する。

[Ashutosh Gupta, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(230):

ソフトウェアおよびアプリケーションエンジニアリングリーダーは、デジタル免疫システムの5つの要素を構築することで、アプリケーションのアップタイムとユーザーエクスペリエンスを向上させ、エンドユーザーの満足度を高められる。

[Laura Starita, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(229):

ソフトウェアエンジニアリングリーダーは、分散アプリケーションをなぜ、いつ、どのように使うかを理解して、このアプリケーションの効果的な活用につなげなければならない。

[Laura Starita, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(228):

チームの有効性を高めるには、権限の付与や重要なスキルの習得支援、サーバント(支援型)リーダーシップに注力することだ。

[Laura Starita, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(227):

パブリッククラウドに迅速に移行しなければならないというプレッシャーにさらされているインフラとオペレーションのリーダーは、コストがかさむ原因となる幾つかの過ちを犯しやすい。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(226):

「デジタルビジネステクノロジープラットフォーム」(DBTP)は、ソフトウェアエンジニアが初期段階のビジネス能力を開発し、時間とともにビジネスニーズや技術の変化に合わせて能力を追加できるアーキテクチャを提供する。

[Laura Starita, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(225):

「クラウドセンターオブエクセレンス」(CCOE)を立ち上げようと考えている組織のために、そのメリットと課題、ベストプラクティスを解説する。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(224):

ソフトウェアエンジニアリングリーダーは5つのポイントを考慮し、API戦略およびプラクティスの技術目標とビジネス目標を両立させることが重要だ。

[Ashutosh Gupta, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(223):

市民データサイエンティストは、企業のビジネス価値やアナリティクスの成熟度を高められる。だが、大抵の場合、市民データサイエンティストの能力は十分に活用されていない。

[Manasi Sakpal, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(222):

セキュリティとリスク管理のリーダーは、脆弱(ぜいじゃく)性管理プラクティスを形式的な基準ではなく、自社の具体的なニーズに対応させる必要がある。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(221):

企業におけるAIを守り、AIが信頼の置けるものとして認識されるようにするために、新しいリスク軽減策を実施する必要がある。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(220):

デジタルワークプレースリーダーはオフィスや出先、自宅などを含むハイブリッドな職場環境における従業員の効果的な働き方の新しい指針を策定する必要がある。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(219):

セキュリティとリスク管理のリーダーは、ゼロトラストのハイプ(誇大宣伝)を超えて、2つの重要なリスク軽減プロジェクトを実行する必要がある。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(218):

既存のデータセンターのインフラを再構築することにより、新しいビジネスサービスをサポートするとともに、運用コストの削減が可能になる。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(217):

オーソドックスなアプローチにより、ハイブリッドワークやリモートワークで働く人々の不安を打ち消し、連携と効率を高める。

[Matt Cain, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(216):

優れたセキュリティ意識向上トレーニングプログラムは、サイバーセキュリティリスクを軽減する経済的な方法だ。だが、このプログラムを成功させるには、経営陣のサポートが必要になる。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(215):

エンタープライズアーキテクチャ(EA)とテクノロジーイノベーション(TI)のリーダーは、全社的な視点からビジネスの戦略的優先事項に対応したデータのニーズを把握することで、データドリブンな組織の構築に重要な役割を果たせる。

[Ashutosh Gupta, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(214):

外部とのデータ共有を進めるデータ&アナリティクスのリーダーがもたらす測定可能な経済的利益は、そうでないリーダーの3倍に達する。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(213):

生体認証は、パスワードのような従来の認証方法よりも大きなメリットを提供し、企業全体の信頼と説明責任を高める。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(212):

クラウド戦略を策定し、文書化するために網羅すべき構成要素とは?

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(211):

重要な資産への脅威が高まる中、企業はセキュリティプログラムを拡大し、サイバーフィジカルシステムをカバーする必要がある。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(210):

ソーシャルメディアプラットフォームの「Parler」が最近、クラウドなどのプラットフォームから締め出された。こうした動きをきっかけに、企業は、ITサービスプロバイダーに依存したビジネスのリスクについて、理解を深めようとしている。

[Laura Starita, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(209):

ほとんどの組織は、AIモデルのプロトタイプを本番環境に移行できていない。データの依存関係を管理できていないことが、AIの本番稼働までのプロセスの大きな障壁となっている。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(208):

アジャイルなソフトウェア開発チームは、コラボレーションとダイナミックな交流によって力を発揮する。6つのベストプラクティスを実践することで、チームがリモートワーク時にも効果的に機能し、エンゲージメントを保てる。

[Patrick Lewis, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(207):

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は、Identity and Access Management(IAM:アイデンティティー/アクセス管理)への注目を高めるとともに、IAMリーダーの今後の課題を浮き彫りにした。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(206):

セキュリティとリスク管理のリーダーは、RPAプロジェクトのセキュリティ対策を実施することで、RPA導入に伴う業務不正やデータの漏えいに備える必要がある。本稿では、RPAのセキュリティを確保するための4つのステップを紹介しよう。

[Manasi Sakpal, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(205):

セキュリティリーダーの価値を認識してはいるものの、従来のCISOを置く余裕がない企業は、“仮想CISO”の採用を検討すべきだ。

[Robert Snow, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(204):

2021年を迎え、CIO(最高情報責任者)は目標をアップデートする必要がある。本稿では、2021年にCIOが組織を効果的に率いるためのソフトスキルに焦点を当てた、自己啓発のための目標例を紹介する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(203):

エンタープライズインフラストラクチャは変化しており、I&Oリーダーに新たな機会と、新たな脅威をもたらしている。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(202):

DataOpsの手法は、データパイプラインを構築、管理するための、よりアジャイルでコラボレーティブなアプローチを提供する。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(201):

セキュリティやリスク管理のリーダーは、顧客とのやりとりやリモートワーカーの増加を十分考慮して、複雑さを増すIAMの課題に取り組まなければならない。

[Robert Snow, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(200):

ITリーダーが押さえておくべき注目の技術とは? Gartnerの最新レポートから、4つの先進技術について紹介する。

[Tuong Nguyen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(199):

レガシーアプリケーションを近代化する必要がある場合、最良のアプローチは、解決しようとしている問題によって決まる。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(198):

アプリケーションリーダーは、組織がビジネスニーズに対応していけるように、アプリケーション基盤のレジリエンス(回復力)とサステナビリティ(持続可能性)に重点を置き、アプリケーションチームを進化させていく必要がある。

[Peg Ventricelli, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(197):

アプリケーションリーダーは、今後のコンポーザブルビジネス時代にチームが成功するために、組織の構造やガバナンス、文化、リーダーシップスタイルを変える必要がある。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(196):

今後12〜18カ月にわたり、リモートワークとクラウド移行がインフラのトレンドをけん引し続ける見通しだ。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(195):

リーダーが人工知能(AI)を活用して価値を生み出すには、「AIはどんな仕組みなのか」「どこに限界があるのか」を十分理解する必要がある。

[Sarah Hippold, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(194):

デジタルビジネストランスフォーメーションを成功に導くには、リーダー自らも変わらなければならない。成功するデジタルリーダーに顕著な7つの特性を踏まえ、目指すリーダー像を明確にしよう。

[Jordan Bryan, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(193):

リモートワークの急増に伴い、在宅勤務環境の整備や事業継続の維持、ビジネスレジリエンス(回復力)の構築という観点から、クラウドサービスが注目されている。

[Manasi Sakpal, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(192):

データベース管理システム(DBMS)の移行プロジェクトは、不十分な調査や計画が元で予定以上に時間やコストがかかってしまい、失敗に終わるケースもある。本稿では、移行を成功させるコツを紹介しよう。

[Henry Cook, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(191):

CISO(最高情報セキュリティ責任者)やセキュリティリーダーは、ランサムウェア攻撃による多大な損失を回避して組織を守らなければならない。今回は、ランサムウェア攻撃に備える6つのポイントを紹介する。

[Manasi Sakpal, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(190):

ほとんどの企業は、計画的、体系的にマルチクラウド化を進めるのではなく、結果的にマルチクラウドを利用するようになる。では、マルチクラウドを効果的に導入し、活用するには何が必要なのだろうか。

[Lydia Leong, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(189):

なぜ分散クラウドが次世代のクラウドコンピューティングを支えるのか。パブリッククラウド、ハイブリッドクラウド、エッジコンピューティングと比べた分散クラウドのメリットは何か。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(188):

文化変革をリードし、データリテラシープログラムを開発し、既存スタッフのスキルを向上させることなどにより、効果的なデータとアナリティクスのチームを構築する。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(187):

全ての組織が予算削減やコスト最適化、契約交渉などを行う適切な準備を整えているわけではない。セキュリティとリスクマネジメントのリーダーは、あらかじめ計画を立ててコストの削減と最適化のバランスを取る必要がある。

[Beth Wasko, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(186):

誰がクラウドオペレーションについての責任を持つのか――。1つの解はない。オペレーションアプローチには多くの選択肢があり、企業の個別状況によって最適な選択肢は異なる。

[Lydia Leong, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(185):

ハードウェアエンジニアや開発者チームなどは、クラウドIaaS/PaaSに自由にアクセスしたいと考えている。だが、個々人によって、クラウドやセキュリティなどの能力レベルはまちまちで厄介な結果を招きがちだ。

[Lydia Leong, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(184):

官民のCIOは、変化の激しいビジネス環境の中で予算の制約に対処するために、ITコストの最適化手法を検討する必要がある。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(183):

CISO(最高情報セキュリティ責任者)は最新トレンドを理解し、強力なセキュリティ対策を計画、実行すべきだ。2020年は、新型コロナウイルス感染症への対応もセキュリティチームにとって大きな課題となっている。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(182):

データハブ、データレイク、データウェアハウスの違いは何か。どうすればこれらを効果的に活用できるか。これらデータ関連の企業技術を整理し、それぞれの使いどころを考える。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(181):

多くの企業では、一元的なITガバナンスがないまま、ビジネス部門レベルでクラウドの導入を進めてきた。インフラ/運用担当部署は、クラウド導入企業の失敗から学ぶことで、クラウドのリスクを軽減し、導入をスピードアップし、コスト削減を最大化できる。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(180):

クラウドへの投資につながる財布のひもを握っているのは、CEOをはじめとした「非技術者」だ。こうした人たちに、クラウドの技術的なメリットだけをいくら訴えても効果は期待できない。

[Tiny Haynes, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(179):

COVID-19の影響で、イノベーションへの投資の抑制を検討する動きも見られる。AIプロジェクトの主要コストを見極め、予算超過を防ぐにはどうしたらいいか。3つの観点から解説する。

[Manasi Sakpal, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(178):

80%以上の企業がマルチクラウドを採用しており、企業は自社が利用する複数のクラウドに関するノウハウやガバナンス、サポートの体制を確立しようとしている。だが、これは実際には非常に難しい作業だ。

[Lydia Leong, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(177):

企業がクラウド推進組織として社内に設置する「クラウドセンターオブエクセレンス」(CCOE)。どのような活動をすべきなのか。Gartnerでクラウドを担当するアナリストで、ディスティングイッシュト バイスプレジデントのリディア・レオン(Lydia Leong)氏が解説する。

[Lydia Leong, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(176):

サーバレスコンピューティングは、企業がクラウドネイティブアプリケーションを構築、利用、統合する方法を再定義するキーテクノロジーだ。CIOのために、これがどのような技術なのかを分かりやすく紹介する。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(175):

多くの企業では、セキュリティ対策がビジネスと密接に結びついていない。CIOとCISOは、意思決定を行う役員を巻き込んでサイバーセキュリティへの自社の取り組み方を変更し、ビジネスに直接貢献するセキュリティ投資を推進する必要がある。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(174):

政府機関や地方自治体ではクラウドの導入がなかなか進んでおらず、それにはさまざまな理由がある。だが、これらの組織のCIOは、クラウドの導入拡大に必要な施策を理解し、実践すべきだ。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(173):

人工知能(AI)の取り組みにおける機械学習の主な手法として、「教師あり学習」「教師なし学習」「強化学習」がある。3つの機械学習手法それぞれの、ユースケースとベストプラクティスを理解しよう。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(172):

リモートワークに慎重な中堅企業のリーダーも、これまでの仕事のやり方が通用しない非常時においては、リモートワークが特に大きなメリットをもたらすことに気付く必要がある。

[Rama Ramaswami, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(171):

ビジネスのやり方に関する時代遅れの考え方が、新しいデジタルの取り組みを進める妨げになることがある。デジタルビジネスを成長させるには、新しいアプローチを取り入れるのが得策だ。

[Laura Starita, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(170):

「カオスエンジニアリング」は、日本ではまだ聞きなれない言葉だ。だが、システムの信頼性を受け身でない形で確保し、DevOpsによるビジネスの俊敏性向上につなげるために、組織として取り組む必要がある。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(169):

プレゼンテーションのオーディエンスは今や、プレゼンターが常に楽しませ、魅了してくれると期待する。CIOが自らのアイデアへの支持を取り付けるには、効果的なコミュニケーションテクニックを学び、実践しなければならない。

[Laura Starita, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(168):

インフラストラクチャ&オペレーション(I&O)のリーダーは、デジタルビジネスの取り組みの大きな起爆剤として、AIを戦略的に活用する必要がある。本記事では、インフラストラクチャという側面からAIにどう取り組むべきか、5つのポイントを紹介する。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(167):

エンタープライズアーキテクチャは、デジタルイノベーションを導くことができる。エンタープライズアーキテクトや技術イノベーションのリーダーは今後、コラボレーションと人工知能(AI)に力を入れる必要がある。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(166):

アナリティクスのプロセスに機械学習/AIを活用する「拡張アナリティクス」は、ユーザーのデータ活用、意思決定、洞察に基づく行動の在り方を変え得る力を秘めている。ただし、利用の仕方には考慮が必要だ。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(165):

クラウドコンピューティングをめぐる混乱やハイプ(誇大宣伝)が続いている。CIOは、今も根強く流布しているクラウドに関する主な俗説に注意する必要がある。本記事ではクラウドに関する最新の10の誤解をお届けする。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(164):

エンタープライズITでクラウドコンピューティングの利用が急速に拡大する中、CIOは、2020年のサービス導入に影響する、クラウドコンピューティングの4つの側面に注意を払う必要がある。4つの側面とは「コスト最適化」「マルチクラウド」「人材不足」「分散型クラウド」だ。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(163):

「オーガニック」「フェアトレード」と同様に、プライバシーへの取り組みが商品購入の理由として浮上しつつある。この動きにどう対応すればいいだろうか。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(162):

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行が続き、世界中の企業が対応に苦慮している。ITインフラのレジリエンスを高め、ビジネスの大規模な中断を防ぐには、具体的にどうしたらいいのか。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(161):

企業は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)への迅速な対応を図っているが、その一方で依然としてセキュリティ侵害にもさらされている。セキュリティおよびリスク管理チームは警戒を継続し、戦略的な取り組みを推進する必要がある。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(160):

セキュリティチームは、新しい業務のやり方がセキュリティの可視性にどんな影響を与えるかを注視しなければならない。

[Pete Shoard, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(159):

CIOは、2020年度に自身の仕事力を高めるため、どのような目標を立てるべきか。10の目標例を紹介する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(158):

CIOは、自社のデジタルトランスフォーメーションをリードし得る有利な立場にある。だが、戦略を立ててこれを的確に具体化し、影響力を行使しなければ期待に応えられない。では、何をすればいいのか。

[Lisa Bigelow, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(157):

IT予算を急にカットしなければならない事態に直面した場合、CIOはビジネスの中長期的な健全性への悪影響を最小化するコスト削減方法を選択しなければならない。この時に指針として使える10のルールを示す。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(156):

CIO(最高情報責任者)はデジタル技術を理解するとともに、人々がデジタル技術をどのように利用し、体験するかを理解する必要がある。顧客のデジタル体験に大きな影響を及ぼす5つのトレンドを紹介する。

[Manasi Sakpal, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(155):

企業は、自社のネットワークを保護する新しい方法を必要としている。「SASE(Secure Access Service Edge)」はその回答になるかもしれない。CISOが今、SASEについてどのようなアクションをとるべきかを紹介する。

[Manasi Sakpal, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(154):

カルチャーハック、成長型マインドセット、リーンスタートアップが、企業がデジタルトランスフォーメーションの強力なビジョンを実現するのに役立つ。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(153):

「デジタルに取り組んでいる」というだけでは足りない。このままでは転機を乗り越えられない。企業が不確実性を乗り越えて成功を収めるための10の重要な能力とは何か。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(152):

AIから仮想通貨、オンラインショッピングまで、技術はわれわれの生活やビジネスの在り方、そして人間とその能力に対する捉え方を変えつつある。CIO(最高情報責任者)やITリーダーは、この変化する世界への自社の対応をサポートする必要がある。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(151):

Gartnerは、2020年に大企業で100%、取締役会が少なくとも年1回、サイバーセキュリティと技術リスクについての報告を求めるようになると見ている。CISOは、取締役会でよく聞かれそうな質問にどう答えるか。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(150):

CIOは「攻めの姿勢」に転じ、経営トップに対する戦略的パートナーへの転換を果たさなければならない。では、何を指針として行動すればいいのか。3つのポイントを紹介する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(149):

ITインフラ&オペレーション(I&O)担当チームは、変革の担い手になることも可能だ。CIOの優先順位に合わせて組織やアウトプットを見直すことで、デジタルトランスフォーメーションを先導できる。そのための3つの方法を解説する。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(148):

不確実な時代に企業の成功をサポートするため、CIOは自社にとっての「デジタル化の均衡点」を見いだす必要がある。ではデジタル化の均衡点とは何か。どう見いだせばよいのか。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(147):

デジタルガバメントの取り組みの中で、変革をもたらす技術は何か。Gartnerが選ぶデジタルガバメント技術のトップトレンドとして、「チャットbot」「政府のデジタルツイン」「ブロックチェーン」「データマーケットプレース」「スマートワークスペース」の5つを紹介する。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(146):

多くの“革新的”とされる技術が生まれ続けている。では2020年、CIOがフォローするだけではなく実際に試してみるべき技術は何か。ブロックチェーン、拡張インテリジェンス、IoT、機械学習などのトピック別に、Gartnerのアナリストが注目すべきポイントを挙げる。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(145):

AIに関するGartnerのハイプサイクルレポートは、AIが多種多様な形で企業に導入されていくことを浮き彫りにしている。同報告書は、特に「拡張インテリジェンス」「チャットBot」「機械学習」「AIガバナンス」「インテリジェントアプリケーション」に注目すべきだとしている。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(144):

AIの導入が進んでいるが、課題も残っている。企業は、AIで何ができて何ができないかを理解する必要がある。AIプロジェクトを成功に導くには、その裏にある真の障壁を克服しなければならない。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(143):

ITインフラ&オペレーションチームは4つのアプローチにより、デジタルビジネスの革新とインフラの拡張について、より的確な意思決定を行える。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(142):

企業がデジタルトランスフォーメーションを成功させるには、明確なデジタルビジョンを確立し、ビジネスの優先課題に重点を置き、従業員に対しては変革を強調し過ぎず、共感と信頼を得ることが肝要だと再認識すべきだ。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(141):

デジタルトランスフォーメーションの取り組みを活性化するため、「イノベーションラボ」を開設する企業が増えてきた。だが、こうした名前のラボを作ったからといって効果は保証されない。ビジネスに貢献するためにイノベーションラボで取り組むべきことを紹介する。

[Meghan Rimol, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(140):

企業におけるITインフラや運用の責任者は、10の重要な能力に裏打ちされたリーダーシップスタイルを取ることで、組織のデジタルトランスフォーメーションの取り組みを前進させられる。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(139):

綿密なインシデントレスポンス対策を講じている企業でも、内部のセキュリティ脅威への十分な対応をしているケースは少ない。CISO(最高情報セキュリティ責任者)は、従業員の不注意または悪意によるリスキーな行動を防止、阻止する対策を講じる必要がある。

[Manasi Sakpal, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(138):

Gartnerの国別のクラウド支出とその成長に関する調査は、クラウドの導入がどの国で速いペースで進んでいるか、どの国で遅れているかを示している。日本はクラウド支出の比率が最低レベルで、「抵抗国」に分類される。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(137):

ブロックチェーン技術は大きな機会をもたらす。CIOは、この技術がビジネスの主要部分にどのような影響を与えるかを理解する必要がある。本記事で述べる5つの現実的な未来を目の前にすれば、CIOにとって行動を起こさないという選択肢は考えにくい。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(136):

企業はクラウドファースト戦略を成熟させる必要がある。ただし、クラウドファーストは、全面的にクラウドを使うことと同義ではない。自社に適したクラウド計画の策定と実行のための、6つのステップを紹介する。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(135):

CIOは、新しいアプローチでビジネス/IT戦略を策定する必要がある。それは、変化をモニタリングし、対応すべき変化を見極め、デジタルビジネスのペースで変化に適応できるアプローチだ。

[Laura Starita, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(134):

Gartnerは、100以上のAI導入事例を収集し、これらの事例で挙げられている主な効果を調べた。デジタルビジネスのリーダーは、AIプロジェクトの投資対効果(ROI)の最大化に向けて、プロジェクトの効果の特定と定量化という課題をクリアする必要がある。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(133):

次々に目まぐるしく進展するデジタルディスラプション(創造的破壊)。CIOに今求められているのは、迅速に新しい技術に適応でき、それらの技術で実現する新しいビジネスモデルをサポートできる組織を構築することだ。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(132):

政府のCIO(最高情報責任者)は、市民にとって安全かつ便利なデジタルIDを作る方法を見いだす必要がある。そのためには、ガバナンス、ID設計、技術の3つの側面で、バランスの取れた判断をする必要がある。

[Sarah Hippold, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(131):

ITプロジェクトチームを負荷が極端に高い状況に追い込むと、結局パフォーマンスが低下してしまう。では、負荷を減らすにはどうしたらいいのか。答えは必ずしも、チームの人数を増やすことにあるわけではない。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(130):

これからのデジタルインフラのサポートに向けては、重要な技術とトレンドを押さえることが求められる。Gartnerが選んだ、インフラおよび運用に関するトレンドのトップ10(2019年版)をお届けする。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(129):

アジャイルやDevOpsを導入し、要求の厳しいビジネスニーズに迅速に対応できるようにするためには、組織として継続的デリバリー(CD)の文化を身に付ける必要がある。このための5つのステップを紹介する。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(128):

コンテナをデプロイするに当たって、インフラ&オペレーションの担当リーダーは、戦略を策定し、投資対効果をしっかり検討しておく必要がある。コンテナプラットフォーム戦略に盛り込むべき6つの重要な要素を紹介する。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(127):

ITサービスの停止やパフォーマンスの低下は、ビジネス上の損失に直結する。では、サービスの吐き出す膨大なログデータを、サービス品質の向上や維持にどうつなげればいいのか。ここで検討すべきなのがAIOps(Artificial intelligence for IT Operations)だ。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(126):

セキュリティやリスク管理のリーダーは、変化するサイバーセキュリティニーズに対応し、リスクを軽減するため、本稿で紹介する10のセキュリティプロジェクトを実行すべきだ。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(125):

セキュリティやリスク管理の担当者は、アイデンティティー(ID)、データおよび新商品/サービス開発という3つの分野で自動化を活用して、価値を生み出す必要がある。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(124):

2019年6月にカナダのトロントで開催された「Gartner IT Symposium/Xpo」において、Gartnerのアナリストが、同社の「ContinuousNext」のコンセプトと、CIOがこのコンセプトに基づいて新しい考え方とプラクティスをどのように構築・推進し、共有できるかを解説した。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(123):

中堅企業のIT責任者は、自社におけるビジネストランスフォーメーションの原資の確保につながるよう、ITコストの最適化を積極的に進めなければならない。ITインフラの規模を縮小することなく、即座に取り組める3つの施策を紹介する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(122):

ほとんどの企業は、複数のクラウドプロバイダーを利用することを選択する。多くの場合、ベンダーロックインの回避、あるいは“ベストオブブリード”ソリューションの活用が理由となる。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(121):

パスワードを使わないユーザー認証が、ようやく現実的な手段として考えられるようになってきた。Gartnerは2022年までに、グローバル大企業の60%と中堅企業の90%が、ユースケース全体の50%以上で、パスワードレス認証を実装するようになると予想している。

[Gloria Omale, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(120):

CIOは、デジタルビジネスの戦略目標に向けた取り組みにAIを適用することで、これを最大限に活用できる。AIプロジェクトの評価に役立つ6つの設計原則を紹介する。

[Gloria Omale, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(119):

企業は個人向けサービスにおける本人確認で、静的な個人情報を当たり前のように利用してきた。だが、静的情報への依存によるリスクは、ますます拡大しつつある。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(118):

中堅企業はデータとアナリティクスの新しいトレンドを取り入れ、ビジネス価値の創出につなげるべきだ。ここでは、中堅企業が行動につなげるべきデータとアナリティクスに関する4つの注目トレンドを紹介する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(117):

企業において、クラウド中心の考え方は既に広がっているが、エッジへの注目度も急上昇している。今後のITインフラ最適化に向けて、プライベートクラウド、パブリッククラウド、エッジの役割を整理する。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(116):

「IT予算の削減」は、あらゆる企業のIT部門にとって、避けられない命題になっている。CIOは、CEOやステークホルダーに対する説得力を高めるために、率先してITコストの最適化を進める文化を確立しなければならない。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(115):

デジタルトランスフォーメーションを円滑に進めるには、企業や組織の文化を変革することが必要だ。確実な企業文化変革のためにたどるべき、9つのステップを紹介する。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(114):

人工知能(AI)に過度な期待や恐れを抱く人もいれば、AIは流行語にすぎないと断じる人もいる。真実はその中間のどこかにある。企業におけるビジネスリーダーは、「AIはどんな仕組みなのか」「どこに限界があるのか」を十分理解する必要がある。

[Sarah Hippold, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(113):

アプリケーションやビジネスインテリジェンスの担当リーダーは、デジタルツインを利用してIoTエコシステムの複雑さを軽減できる。

[Sarah Hippold, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(112):

さまざまな業界で製品を企画する立場にある人たちは、新しい技術が、自社の競争優位につながる真にディスラプティブなものなのか、それとも薄っぺらい一時的な流行なのかを見分けなければならない。ディスラプティブ技術を見抜くのに役立つ6つの問いをお届けする。

[Chris Pemberton, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(111):

エンタープライズアーキテクトや技術イノベーションリーダーには、新しい業務モデルの設計と実現が求められようになる。こうした期待に応えるには、今後コラボレーションとAIの活用に力を入れる必要がある。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(110):

データを活用したプレゼンテーションで聞き手の行動につなげるには、ストーリーとして語る必要がある。そのストーリーの目的は、ビジネスの意思決定のためにクリティカルシンキングを促し、活性化させることにある。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(109):

金融サービス企業の多くは、デジタルビジネスから価値を生み出す取り組みを進めている。これにはさまざまなルートやアプローチがあるが、世界の金融サービス企業のほぼ半数では、依然としてごく初期の段階か、あるいは未成熟な段階にある。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(108):

BIの成熟度が低い企業は、成熟度が高い企業の成功から学ぶことで、データとアナリティクスの能力を引き上げられる。具体的には、戦略、人材、ガバナンス、技術について適切な措置を講じることを考えるべきだ。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(107):

新年度の始まりは、CIOが新しい目標を立てる良い機会だ。職業人として目指す方向を再設定しよう。本記事では何に取り組むべきかについて、10の例をお届けする。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(106):

デジタルトランスフォーメーションの推進には、企業の全ての部門が携わらなければならない。「組織文化」という抽象的なトピックに関する議論だけでは済まない、具体的な課題が数多く存在するからだ。

[Jackie Wiles, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(105):

「従業員エンゲージメント」がホットトピックとなっている。だが、具体的にはどんなことを意味しているのだろうか。なぜ重要なのか。どう測定すればいいのか。これらの点を、まず明確にしなければならない。

[Jackie Wiles, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(104):

デジタル時代においてますます重要な課題はサービス停止を減らすことだ。それには、迅速に障害復旧を行う“ヒーロー”に頼るような考え方では不十分だ。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(103):

“デジタルトランスフォーメーション疲れ”に陥る組織が増えている。従業員への働き掛けのハック、ナッジ、プロッドにより、目標を見失って迷走しているデジタルトランスフォーメーションプロジェクトを立て直すべきだ。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(102):

IoTで一定の成果を収める企業が増えている。だが、一般的には環境が未成熟なこともあり、取り組みは容易ではない。ここでは、先行企業からのIoTにおける教訓をお届けする。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(101):

デジタルトランスフォーメーションの取り組みは、何らかの形で進捗(しんちょく)が計測できなければならない。CIOは、期待するビジネス成果を示せる明確な指標を策定する必要がある。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(100):

現時点でも、AIで一部のビジネス課題を解決できる。だが、われわれはまだAIに関して初期段階にあることを認識すべきだ。長期的なスパンで考えることで、AIのメリットを高め、リスクを軽減すべきだ。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(99):

デジタルトランスフォーメーションは、語るのは簡単だが、実践するのは難しい。具体的ですぐに効果が表れる(可能性の高い)10の取り組みを紹介する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(98):

クラウドを使い始めると、予想以上にデータコストがかかることが多い。データとアナリティクスの担当リーダーは、クラウド環境に財務的なガバナンス管理を導入しなければならない。具体的にはどうしたらいいのか。

[Sarah Hippold, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(97):

デジタルディスラプションの本質を理解しているCIOは、これをチャンスに変えられる。ここでは、デジタルディスラプションに関してよく聞かれる10の誤解を紹介する。

[Jill Beadle, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(96):

CIOは、どうすれば業界のディスラプター(創造的破壊者)の先を行くことができるだろうか。パーソナライズ、カスタマイズ、クラウドソーシング、VoCをうまく活用すべきだ。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(95):

“感情AI”は企業の顧客エクスペリエンス向上やコスト削減にどう役立つのか。さまざまな業界における、13の気付きにくい活用方法を紹介する。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(94):

データとアナリティクスは、もはや事後的なものではない。デジタルビジネストランスフォーメーションに不可欠であり、ビジネス価値の創出に一段と大きな役割を果たすようになっている。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(93):

組織は、避けられないハイブリッド化の流れに対応し、ITインフラとオペレーションをモダナイズしなければならない。ハイブリッド時代に適応させるために必要な6つのステップを解説する。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(92):

DevOpsで、社内ユーザーの期待に応えることは難しい。ITインフラ&オペレーション(I&O)の担当リーダーは、DevOpsの基本原則を堅持することで、DevOpsが失敗する5つの原因を回避できる。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(91):

アイデンティティー管理は今後の企業におけるクラウドセキュリティの要といえる。だが、カバーできない部分もある。これを補完するために検討したいのが、クラウドアクセスセキュリティブローカーの活用だ。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(90):

データとアナリティクスの現状はどうなっているのか。どうすれば成功への障壁を克服できるのか。Gartnerのアナリストでシニア ディレクターのジョーゲン・ハイゼンバーグ氏が解説する。

[Sarah Hippold, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(89):

今回は、サイバーセキュリティ被害の発生を受けて多くのCEOが解雇される7つの理由と、それを防ぐ方法を紹介する。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(88):

IBMのジニ・ロメッティCEOは、市場の急速な変化に対応し、IBMのトランスフォーメーションに取り組んできた。同氏は米国オーランドで開催されたGartner Symposium/ITxpo 2018の基調インタビューで、クラウドやAI、ディスラプションへの対応について、自身の見解を語った。

[Heather Pemberton Levy, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(87):

企業のアプリケーション開発は一変しようとしている。社内のアプリケーション開発チームに高いパフォーマンスを発揮させるためには、新しいスキル、プラクティス、技術に投資しなければならない。

[Katie Costello, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(86):

サプライチェーンの変革は、自社のデジタル変革との整合性が取れていなければならない。サプライチェーンリーダーが、自社のデジタルビジョンをサプライチェーンの運用モデルに反映させるための3つの方法を紹介する。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(85):

ITセキュリティ人材の需要は拡大し、人材不足が深刻化している。これに対処するために考えたいのは、“リーン”アプローチによるスタッフ管理だ。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(84):

多くの企業が、デジタルトランスフォーメーションにどこから手を付ければよいかで悩んでいる。デジタルビジネスへの変革を進めるに当たっては、まず出発点を設定すべきだ。出発点は4つに大別される。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(83):

技術担当者は4つのステップを踏んで、リソースを浪費することなく、プロジェクトを確実に進められるよう準備した上で、Dockerコンテナの導入を開始しなければならない。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(82):

ブロックチェーンは、まだ成熟した技術ではない。それでも、CIOはブロックチェーンへの取り組みを開始し、戦略的なビジネス展開を探るべきだ。今後の脱中央集権的オペレーションや分散型ビジネスモデルなどがもたらす脅威を軽減するために、計画を立て始める必要がある。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(81):

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、オンプレミスインフラの柔軟化、アジャイル化の推進に貢献する。I&Oリーダーが今、HCIを今後にわたり活用するための4つのポイントをまとめた。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(80):

アナリティクスの活用は、ビジネスの現場では新しいことではない。だが、最近の進化がこの分野を大きく変えようとしている。データ/アナリティクス担当リーダーは、インテリジェントで直感的な技術に投資し、自社ユーザーのニーズをサポートしなければならない。

[Sarah Hippold, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(79):

ブロックチェーンは長期的に見ると、サプライチェーンに破壊的な変革をもたらす可能性がある。だからこそ、現在ITベンダーが宣伝しているブロックチェーンソリューションの検討は、注意をもって行うべきだ。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(78):

最高情報セキュリティ責任者はCIOをサポートし、デジタルビジネスにおける新たな機会を捉える必要がある。では、具体的にはどのように行動すればいいのだろうか。

[Jill Beadle, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(77):

カスタマーエクスペリエンスは、幅広い測定指標で総合的に把握する必要がある。個々の指標の改善を積み上げることが全体的な向上につながる。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(76):

中堅企業のCIOは、どうすれば社員のデジタルを使いこなす力を高め、業績向上につなげることができるか。取り組むべきは、IT担当部署とビジネス部門の連携強化だ。そのためには“大使”を起用すべきだ。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(75):

サイバーセキュリティ対策では、「何が重要なのか」「何が危険なのか」「何が現実解なのか」の3点を、表面的ではなく深く考えるべきだ。これが2018年6月に米国で開催されたGartner Security and Risk Management Summitでの、Gartnerによるアドバイスだ。

[Jill Beadle, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(74):

ITインフラ&オペレーション(I&O)の担当リーダーは、自社のIoTの取り組みで積極的にリーダーシップを発揮する必要がある。それはなぜか。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(73):

ソフトウェア業界では、誰もがサブスクリプションモデルへの移行を進めなければならなくなっている。だが、実際の移行過程ではさまざまな課題が発生する。先行ベンダーが自社の経験から学んだ教訓をお届けする。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(72):

「顧客データプラットフォーム(CDP:Customer Data Platform)」は最新のマーケティング技術だ。マーケッターがこの有望な技術を最大限に活用するには、その多様な機能を実践的に理解する必要がある。まず、CDPの全体像を把握したい。

[Chris Pemberton, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(71):

大きなプロジェクトやプログラムの救済が必要になることがよくある。プロジェクトマネジャーやスポンサーは、10ステップのプロセスを踏むことで、これを救うことができる。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(70):

Gartnerは、顧客中心を実践している組織に共通する10の習慣を明らかにした。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(69):

AIは、今後10年以上にわたってマーケティングのやり方を大きく変革する可能性を持っているという。では、マーケッターがAIブームに踊らされることなく、AIを利用した顧客エクスペリエンスを管理するには、何に注目すればいいのだろうか。

[Chris Pemberton, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(68):

組織はデジタルトランスフォーメーションにおいて、特定タスク向けのツールからハイブリッド統合プラットフォーム(HIP)に移行する必要がある。ばらばらな部品を組み合わせるだけでは、ビジネス上重要なインパクトをもたらせないことが見えてくるからだ。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(67):

GDPRは、EU居住者の個人データを処理、保持する全ての組織に、その所在地にかかわらず適用される。本稿では、さまざまなビジネスおよびITリーダーにとって最も重要な事項をまとめて紹介する。

[Jill Beadle, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(66):

アプリケーション開発チームは、デジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、開発需要の激増に対応しなければならなくなる。これを支援するのが、AI(人工知能)に基づく“共同開発者”の導入だ。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(65):

最高技術責任者(CTO)は、CxOの役職の中で最も理解されていないものの1つだ。技術イノベーションをリードするとは、具体的にどのようなことなのか。その答えは企業によって大きく違う。ここでは、CTOの役割を5つのペルソナで考える。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(64):

Gartnerは、公共機関におけるパブリッククラウドサービスの利用規模は、2021年まで2桁のペースで拡大すると予測している。一方で、2021年までにプライベートクラウドの導入がパブリッククラウドの2倍のペースで進む見通しだ。これをどう考えるべきだろうか。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(63):

デジタルトランスフォーメーションや新手のサイバー攻撃は、企業の脅威対策にどのような変化をもたらしているのか。企業はデータ侵害の阻止に力を入れる傾向がある。だが、それは負け戦であることが分かってきた。

[Wunmi Bamiduro, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(62):

既存のデータ管理・分析機能をIoTにそのまま適用しようとする企業は多い。だが、綿密な考慮を経た上で無理のない利用方法を考えないと、プロジェクトは失敗する恐れがある。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(61):

多くの企業はDevOpsへの取り組みを強化しようとしている。だが、その取り組みで成果を挙げるのは容易なことではない。どうすればいいのか。企業が採用すべき8つのステップを紹介する。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(60):

CIOは、シンプルなフレームワークを使って従業員を全社的な変革に駆り立てられる。このフレームワークで特に重要なのは、「なぜ」を理解させるための魅力的なストーリーを構築することだ。

[Jill Beadle, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(59):

GartnerのCIO調査によると、ビジネスのデジタル化は全ての業種でビジネス目標の上位10項目に入っている。ただし、取り組みの進展や成熟度は業界によって異なる。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(58):

CIOに求められるのは、労働力の転換を見越して人員計画を立て、ビジネスとそのニーズの変化に効果的に対応できる人材パイプラインを構築することだ。

[Sony Shetty, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(57):

マーケティングでは、「アジャイル」がキーワードになっている。柔軟で機動力を備えたチームを組織し、マーケティングデータや分析ダッシュボードから素早く洞察を得る活動を進めるべきだ。

[Chris Pemberton, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(56):

今や、どのような企業も自社としてのクラウド戦略を策定しなければならない。では、どのような戦略を立てればいいのか。これを考える際に、主な意思決定者とステークホルダーが答えるべき、5つの質問を紹介する。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(55):

今後、ロボットなどの「モノ」が進化し続けると、人間はそのうちモノを擬人化することになるだろう。これを懐疑的に捉える必要はない。人間は、モノの声に耳を傾けることにより、さまざまなメリットを得られるようになっていくはずだ。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(54):

よく練られた「セキュリティチャンピオン(推進リーダー)プログラム」は、組織の長期的な行動変化を後押しする。では、セキュリティチャンピオンとは何か。どうやって有効なプログラムを構築すればいいのだろうか。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(53):

「拡張現実(AR)」「仮想現実(VR)」「複合現実(MR)」といった没入型技術が、AIの進化を追い風に実用化を目指している。だが、これらの技術を本格的に活用できるためには、エッジコンピューティングが必要になってくる。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(52):

「AIは雇用を減らすが、逆にそれ以上の雇用を創出する」「組織がAIを活用していくためには、その限界に注意し、『バイアス』についての意識を高める必要がある」――。Gartnerのエグゼクティブ・バイスプレジデントでグローバルリサーチ責任者のピーター・ソンダーガード氏は、こうしたことを2018年のダボス会議で話した。

[Jill Beadle, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(51):

ITインフラのモダナイズを進める企業は多いが、そのプロセスは短絡的な思考に基づくものになりがちだ。最大の効果を発揮するための、ITインフラモダナイゼーションの進め方を5つのステップで説明する。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(50):

2018年のダボス会議で世界のビジネスリーダーと語り合った。「AIと人々の働き方」「デジタルビジネスの今後の進展」は、こうした人たちの共通の関心事だ。

[Peter Sondergaard, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(49):

2018年は、さまざまな企業におけるAIへの取り組みが加速し「AI民主化元年」になりそうだ。なぜなら、AIに関わる課題の多くが解決とまではいかなくとも軽減に向かう見通しだからだ。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(48):

データが価値を生み出す時代に入りつつある今、最高データ責任者(CDO)を任命する企業が増えている。だが、CDOの仕事は綱渡り師のように難しい。成功に近づくためにCDOが採用すべき、6つの戦術を紹介する。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(47):

企業におけるデジタルトランスフォーメーションでは、変革を「なぜ行うのか」を共有することで求心力が生まれる。米国のCIOが、変革のためのさまざまなコツについて語った。

[Jordan Bryan, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(46):

コンテナベースのアプリケーション開発・運用環境は、企業における本格的な導入が進みつつある。だが、こうした環境の本番デプロイでは、6つの重要なポイントを理解し、対応する必要がある。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(45):

今後の企業には、デジタルビジネスの成功に必要なIT部門の変革を実行できるリーダーが求められる。優れたCIOが満たすべき10項目。あなたは幾つ当てはまるだろうか。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(44):

エッジコンピューティングは、ほぼリアルタイムの洞察を可能にし、ローカルな処理や行動を促進する。IoTにおける多くのユースケースで、なくてはならないソリューションだ。だが、リスクも存在することを忘れてはならない。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(43):

情報システム部長などのITリーダーがIT投資について経営陣に打診する場合、どのような説明をすべきか。ビジネスへの貢献を軸に、説得力のある指標を3つのステップで用意すべきだ。

[Chris Pemberton, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(42):

デジタルシフトが本格化して4年が経過した今、デジタルトランスフォーメーションは「過度な期待」のピーク期にあり、厳しく評価されつつある。そして、ビジネスリーダーの3分の2は、自社が競争力を維持するのにデジタル化のペースを上げなければならないと考えている。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(41):

AIの一般的な定義では自動化に力点が置かれており、その結果として、ITリーダーやビジネスリーダーにとっての活用機会は見過ごされていることが多い。AIをどのように活用すべきか考えているなら、自社にとって不可欠な部分への活用を追求しなければならない。

[Chris Pemberton, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(40):

今や、デジタルビジネスを支えるのにデータセンターは必要不可欠だ。では、その実現に障害となるのは何だろうか。Gartnerのバイスプレジデント兼最上級アナリストのジョージ・ワイス氏に聞いた。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(39):

AIのおかげで、スマート冷蔵庫があなたの気分を察して、感情に合った食べ物を勧めてくれるようになる。

[Laurence Goasduff, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(38):

重大なサイバーセキュリティインシデントに見舞われた後で、取締役会から説明を求められた場合に備えるにはどうすればいいか。取締役会に伝えるべきこととは? 伝えるべきでないこととは?

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(37):

デジタルビジネス担当役員は、熱心であればあるほど、戦略や計画の策定をやり過ぎることがある。しかし、それは逆効果であることに気が付かなければならない。

[Mark Raskino, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(36):

APIは、多くの企業にとって、もはや「取り組むべきかどうか」という段階にはない。人、企業、モノをつなぎ、あらゆるデジタル戦略の基盤になりつつある。APIを自社のデジタル基盤の中心にする取り組みで、注意すべき5つのポイントを紹介する。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(35):

EUは、2018年5月に一般データ保護規則(GDPR)を施行する。この規則は、EU域外の企業にも大きな影響を与える。組織は、施行時にGDPRに対応できるように、5つの優先課題に取り組まなければならない。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(34):

デジタルビジネスの進展で、データ中心主義だけでは不足するようになっていくだろう。ITはイベント(事象)への指向性を高めることが要求されるようになる。アプリケーションリーダーは、“イベント思考”を戦略の技術的、組織的、文化的な基盤に据えなければならない。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(33):

Gartnerの調査によれば、BI/アナリティクスの普及率は3割程度だ。これは「多い」といえるのだろうか、それとも「少ない」のだろうか。BI/アナリティクスは、どれだけ普及すれば十分なのだろうか。

[Cindi Howson, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(32):

Microsoftは大掛かりな営業改革を進めている。重点顧客や重点業種を明確化するとともに、クラウドの利用促進に向け、ユーザーの実利用実績に基づく営業担当者への報酬を重視する制度を導入した。

[Stephen White, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(31):

WannaCryをきっかけに、ランサム攻撃は多くの企業や組織の注目を集めるようになった。だが、ランサムウェアとはどのようなものなのか、対策はどうすればいいのかといった点については、必ずしも正しいとは言えない俗説が流布している。そこで、7つの俗説を「ファクトチェック」する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(30):

今後のITセキュリティは、AI、自動化、クラウド可視化にけん引される。Gartnerが毎年実施しているセキュリティ予測の2017年版をお届けする。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(29):

サイバーセキュリティがビジネスにとって重要な理由を、取締役会に理解してもらう必要がある。セキュリティやリスク管理のリーダーが取締役会の場で、非技術系の取締役に分かるように説明するためのコツを解説する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(28):

なぜ今、機械学習に投資すべきなのか。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(27):

ソーシャルメディアデータの力は、分析の即時性や精度の高さにある。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(26):

企業のマーケティング、そしてビジネスそのものが、破壊的変革の時代に突入している。こうした時代にマーケティングはどうあるべきなのか。「顧客エクスペリエンス」「音声」「モノ」「機械」「人」に、あらためて焦点を当てるべきだ。

[Chris Pemberton, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(25):

AIの活用により、顧客の満足度を大幅に高められる可能性がある。企業が消費者向け製品・サービスでAIを推進する際の重要なポイントの1つは、「ユーザーの時間をどれだけ節約できるか」ということにある。

[Amy Forni, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(24):

APIを単なる技術的ツールとしてではなく、自社のビジネスモデルやデジタル戦略の基盤として活用するため、CIOやCDOは、10のキーポイントを考慮する必要がある。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(23):

ブロックチェーンは将来、金融業界よりもサプライチェーンを大きく変革する可能性がある。だが、この技術の限界や未熟さを理解しなければならない。真価が発揮できるのは、10年先になる可能性もある。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(22):

一般企業は、デジタル化の波にどう対応すべきか。アプリケーション開発の側面からいえば、方法論の刷新とアナリティクスの活用が不可欠になってくる。

[Rob van der Meulen, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(21):

CIOには戦略について適切なコミュニケーションが必要だ。誰がステークホルダーなのかを明確に認識し、全ての主要なステークホルダーからの適切な理解と関与を得ることで、技術戦略を成功に導く必要がある。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(20):

セルフサービスBIツールやアナリティクスプラットフォームのユーザーは、データと分析に基づき、容易に「データストーリー」を語れるようになってきた。これを生かすことで、組織は適切なビジネスアクションを機動的に実行しやすくなってきた。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(19):

小売大手の米シアーズが苦境にあえいでいる。今回は米ボーダーズ、米コダック、米サーキットシティなど過去に破綻した3社と、ビジネスを継続している競合3社を比較する。そこから分かるのは、顧客体験(CX)を追求して生まれる力だ。

[Augie Ray, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(18):

エッジがクラウドを侵食しようとしている――これは、これまでのクラウドコンピューティングのトレンドと同じくらい重要かもしれない。

[Tom Bittman, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(17):

従来の考え方に基づくIT運用では、ビジネスのデジタル化に対応できない。5つのステップを通じて、ITインフラおよび運用のアジャイル化を進める必要がある。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(16):

マーケティング部門がマーケティングテクノロジーソリューションを選択し、導入するケースは増加を続けている。これは、マーケティング部門が、IT部門のような考え方でソリューションを選択しなければならなくなってきたことを意味する。

[Chris Pemberton, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(15):

「マイクロサービス」に期待が寄せられる一方、この言葉を誤用しているベンダーやプロバイダー、アーキテクト、開発者も少なくない。今回は、私が作成した「マイクロサービスでないもの」のリストを紹介しよう。

[Gary Olliffe, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(14):

ディープラーニングおよび自然言語生成は、データ分析における標準機能になろうとしている。企業の担当リーダーは、これらの技術の適切な活用を進める必要がある。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(13):

最高セキュリティ情報責任者(CSIO)は、クラウドコンピューティングをめぐる不確実性を取り除く必要がある。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(12):

シャドーITは多くの企業ですっかり定着した。IT部門が社内ITの全権を握ろうとするのではなく、信頼されるコンサルタントになるための4つのコツをお届けする。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(11):

重大なセキュリティインシデントは、どの企業にとっても、“発生するかどうか”の問題ではなく、“いつ発生するか”の問題だ。

[Susan Moore, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(10):

ガートナーのアナリスト、アール・パーキンス氏とのQ&A。同氏は、IoTにフォーカスしたプロジェクトの多くで、従来のITセキュリティの枠を超えたセキュリティ対策が必要になってくると話している。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(9):

データとアナリティクスを担当するリーダー向けの戦略予測レポートを発表した。レポート作成に当たり数千人の顧客と話す中で、幾つかの重要な事実が見えてきた。

[Doug Laney, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(8):

ITインフラとオペレーションのリーダーは、従来の課題と、新たな変化に伴う課題の両方に直面している。

[Christy Pettey, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(7):

米Yahoo!は、約10億人分の個人情報が流出していたことが分かったと、2016年12月に発表した。この深刻な事件から、私たちは何を読み取ればいいのだろうか。

[Avivah Litan, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(6):

長期的な生産性上昇の鈍化が問題となっている。企業行動を特にテクノロジー投資の観点から観察すると、根本的な問題が浮かび上がってくる。

[Mark Raskino, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(5):

データレイクが盛んにもてはやされるようになって既に数年経つが、多くの企業で取り組みが難航している分野も幾つかあることが明白になっている。

[Andrew White, Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(4):

デジタル世界が複雑さを増す中、企業の経営陣は、アナリティクスに基づいて行動や意思決定を行う傾向が強まっている。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(3):

従来型の企業は、デジタルネイティブ企業の考え方に抵抗感を抱きがちだ。だが、そうした姿勢は通用しなくなりつつある。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(2):

われわれはデジタル社会のルールを理解しなければならない。その1つの重要な側面が“データのオーナーシップ”――誰があなたのデータ、あるいはさまざまなモノのデータを所有するのかという問題だ。

[Frank Buytendijk,Gartner] ()
Gartner Insights Pickup(1):

事業のデジタル化で、セキュリティ責任者のデータセキュリティへの取り組み方は大きく変わろうとしている。「サイバーセキュリティ」から「デジタルセキュリティ」への移行でセキュリティ責任者が認識すべき、6つのトレンドを解説する。

[Kasey Panetta,Gartner] ()
スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。