ニュース
» 2022年05月27日 18時45分 公開

Broadcom、VMwareを約610億ドルで買収インフラ技術企業としてマルチ/ハイブリッドクラウド時代に対応

半導体およびインフラソフトウェア大手のBroadcomが、仮想化大手のVMwareを約610億ドルで買収すると発表した。買収完了後、Broadcomのソフトウェア部門がVMwareとして再ブランド化される。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 半導体およびインフラソフトウェアソリューション大手のBroadcomは2022年5月26日(米国時間)、仮想化大手のVMwareを約610億ドルで買収することで合意したと発表した。買収は現金と株式の取引によって行われ、BroadcomはVMwareが抱える80億ドルの負債も引き受ける。

 買収取引は規制当局などの承認を経て、Broadcomの2023年度(2022年11月〜2023年10月)に完了する見通しだ。買収完了後、Broadcomのソフトウェア部門であるBroadcom Software GroupがVMwareとして再ブランド化され、Broadcomの既存のインフラおよびセキュリティソフトウェアソリューションがVMwareの事業ポートフォリオの一部として組み込まれる。

 VMwareは、x86サーバベースのコンピューティングを変革する仮想化技術の草分けであり、Software-Defined Data Center(SDDC:ソフトウェア定義データセンター)戦略を推進し、ネットワーキングとストレージの仮想化でも主導的な役割を果たしてきた。マルチクラウドおよびハイブリッドクラウドとデジタルワークスペース分野に注力している。

 VMwareのマルチクラウドポートフォリオは現在、アプリケーションモダナイゼーション、クラウド管理、クラウドインフラ、ネットワーキング、セキュリティ、場所を問わないワークスペースに及んでおり、柔軟で一貫したデジタル基盤を形成している。この基盤をベースに、幅広い業種の大規模でダイナミックな企業が顧客の利益のために重要かつ複雑なワークロードを構築、実行、管理、接続、保護している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。