ニュース
» 2022年06月22日 06時02分 公開

GitHubが、AIペアプログラマー「GitHub Copilot」を個人開発者向けに一般提供開始無償ではない

GitHubは、同社がAIペアプログラマーと呼ぶコーディング支援ツール「GitHub Copilot」を、個人開発者向けに一般提供開始した。企業向けのライセンスは、2022年中に提供開始するという。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitHubは2022年6月21日(米国時間)、個人ユーザーに向けた「GitHub Copilot」の一般提供(GA)を開始した。 企業向けのGAは、2022年中に行うとしている。

 GitHub Copilotは、GitHubが「AIペアプログラマー」と呼ぶコーディング支援ツール。OpenAIが、自社の自然言語処理モデル「GPT-3」をベースとして開発した、自然言語をコードに変換するAIシステムである「OpenAI Codex」に基づく。GitHubの親会社であるMicrosoftは、OpenAIとGPT-3の独占的なライセンス契約を結んでいる。

参考記事:
GitHub、AIペアプログラマー「GitHub Copilot」を「Visual Studio 2022」でも利用可能に

 GitHub Copilotは、これまで「Visual Studio Code」「Neovim」、JetBrainsのIDE(統合開発環境)スイート、「Visual Studio 2022」の拡張機能として、テクニカルプレビューの位置付けで提供されてきた。

 GitHubがGitHub Copilotを「AIペアプログラマー」と呼ぶのは、オートコンプリートを超え、コメントやコードブロックから、 適切と考える次のコードブロックを提案するため。

 個人開発者向けのGAを発表したブログポストは、次のようにこのツールの価値を説明している。

 「GitHub Copilotにより、ソフトウェアの歴史上初めて、コードの記述やコンプリートでAIが開発者に広く受け入れられることになる。コンパイラやオープンソースが台頭した時と同様、AI支援のコーディングはソフトウェア開発の性質を根本的に変えると信じている。開発者は、コードを簡単かつ迅速に書けるツールを手にし、生活をよりハッピーにすることができる」

 テクニカルプレビューには、120万人以上の開発者が参加したという。

基本的には有料、無料で使えるのは誰?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。