ニュース
» 2022年04月18日 12時00分 公開

GitHub、AIペアプログラマー「GitHub Copilot」を「Visual Studio 2022」でも利用可能にウェイティングリストに登録して利用

GitHubは、AIペアプログラマー「GitHub Copilot」のテクニカルプレビュー版を「Visual Studio 2022」でも利用できるようにした。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitHubは2022年3月29日(米国時間)、プログラマーがより速く、より少ない労力でコードを書けるように支援するAIペアプログラマー「GitHub Copilot」のテクニカルプレビュー版を「Visual Studio 2022」でも利用できるようにしたと発表した。

 GitHub Copilotは2021年6月に発表された。コメントやコードから文脈を読み取り、個々の行や関数全体を即座に提案する機能を持つ。この機能は、OpenAIが開発した新しいAIシステム「OpenAI Codex」をベースにしている。これまで、テクニカルプレビュー版がコードエディタの「Visual Studio Code」「Neovim」や、JetBrainsのIDE(統合開発環境)スイートの拡張機能として提供されてきた。

 GitHub Copilotは幅広いフレームワークと言語に対応している。GitHubは「テクニカルプレビュー版は、特にPython、JavaScript、TypeScript、Ruby、Java、Goでうまく機能する。だが、数十の言語を理解し、さまざまな手助けができる」としている。

 GitHub Copilotのテクニカルプレビュー版は招待制で提供されており、新たにリリースされたVisual Studio 2022の拡張機能を利用するには、まずGitHub Copilotのウェイティングリストに登録する必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。