ニュース
» 2022年06月29日 07時38分 公開

VMwareが「vSphereサービス化計画」第1弾として「VMware vSphere+」「VMware vSAN+」を発表サブスクリプションに移行

VMwareは、オンプレミスのVMware環境をクラウドサービス化できる「VMware vSphere+」「VMware vSAN+」を発表した。vSphereをサブスクリプション化すると共に、世界中に散在していても統合管理ができるようになる。また、追加サービスを必要に応じて使えるようになる。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 VMwareは2022年6月28日(米国時間)、「VMware vSphere+」と「VMware vSAN+」を発表した。同社の2023会計年度第2四半期中(2022年7月29日まで)に提供を開始する。

 VMwareは2021年10月、年次イベントVMworld 2021で、vSphereをSaaS化し、包括的なハイブリッドクラウドプラットフォームに変えるプロジェクトである「Project Arctic」を発表した。vSphere+とvSAN+は、その製品化第1弾だという。

 vSphere+はvSphereのアドオンではなく別製品だが、既存のvSphere環境に変更を加えることなく導入でき、永続ライセンスをサブスクリプションに移行できる。移行作業は1クリックでできるという。これが「サービスとしてのvSphere」への出発点となる。これをクラウドサービスのように管理し、さらに後述するディザスタリカバリなどの機能をSaaSとして追加利用できる。

 「(vSphere+では)単一のSKU(製品品目)に、必要なコンポーネント全て(VMware vCenter、VMware ESXi、Tanzu Standard Runtime、Tanzu Mission Control Essentials、サポートなど)が含まれている」(プレスリリースより)

vSphere+とvSAN+は、あらゆる用途に対応する

 VMwareは、同社のKubernetesプラットフォーム製品群「Tanzu」がvSphere+にとって不可分な存在であることも強調する。Tanzu Standard Runtimeと管理ツールのTanzu Mission Control EssentialsがvSphere+の正式な構成要素になっていることで、「オンプレミスインフラを企業での利用に適したKubernetesプラットフォームに変身させられる」(同)。また、Tanzu Mission Controlを活用することで、オンプレミス、パブリッククラウド、エッジにまたがるKubernetes環境の運用ができるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。