連載
» 2022年07月08日 05時00分 公開

マルチクラウドネットワーキングソフトウェア(MCNS)市場の今Gartner Insights Pickup(264)

Gartnerは、マルチクラウドネットワーキングソフトウェア(MCNS)に関するマーケットガイドの最新版を発表した。本稿では、その新興市場の動向を紹介する。

[Andrew Lerner, Gartner]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Smarter with Gartner」と、ガートナー アナリストらのブログサイト「Gartner Blog Network」から、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

 Gartnerは先ごろ、マルチクラウドネットワーキングソフトウェア(MCNS)に関するマーケットガイドの最新版「2022 Market Guide for Multicloud Networking Software(MCNS)」を発表した。

 これまで、このマーケットガイドは「Market Guide for Cloud Networking Software」と題されていたが、市場に出回る製品の一般的な呼称に合わせて、最新の2022年版で改称された。

 GartnerはMCNSを次のように定義している。「MCNSは、複数のパブリッククラウド環境におけるネットワークの設計、デプロイ、運用を可能にする。MCNS製品は、複数のクラウド環境にわたり、一貫したネットワーキングポリシーやネットワークセキュリティ、ガバナンス、ネットワークの可視化を単一の管理ポイントを通じて実現する」

 2022年版のマーケットガイドでは、新興のMCNS市場で起こっている次のような動向がまとめられている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。