ニュース
» 2022年07月29日 08時00分 公開

ユーザー間ファイル転送ベンダーの「ほぼ全てが2桁成長」、脱PPAPだけではない納得の理由とはITRが調査

ITRは、国内のユーザー間ファイル転送市場規模の推移と予測を発表した。2021年度の売上金額は、対前年度比10.3%増の48億2000万円。2021〜2026年度の年間平均成長率を6.9%と見込み、2026年度は67億円になると予測している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アイ・ティ・アール(ITR)は2022年7月28日、国内の「ユーザー間ファイル転送市場」の規模推移と予測を発表した。2021年度の売上金額は、対前年度比10.3%増の48億2000万円。2022年度は52億円になる見込みだ。

画像 2020〜2026年度のユーザー間ファイル転送市場規模推移(提供:ITR

「ファイル共有」と「ファイル転送」の併用が進む

 2021年度はほぼ全てのベンダーが売り上げを増加させ、2桁成長となった。この背景についてITRは次のように分析している。

 「『Box』や『Microsoft OneDrive』といった著名な“オンラインファイル共有サービス”はあるが、転送速度やセキュリティ、操作性などの面で差別化を図るユーザー間ファイル転送製品・サービスもある。ユーザー企業ではオンラインファイル共有サービスとファイル転送製品・サービスを併用し、使い分ける形で導入が進んでいる」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。