ニュース
» 2022年08月18日 16時00分 公開

HDD 21万台の分析で分かったメーカー別故障率、最も優秀なのは?故障率が数倍違う

Backblazeは自社データセンターで使用するHDD(27モデル)について、2022年第2四半期の故障率と生涯故障率の統計を発表した。障害故障率が0.29%の製品がある一方、2.03%に及ぶ製品もあった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 クラウドストレージやクラウドバックアップサービスを提供するBackblazeは2022年8月2日(米国時間)、2022年第2四半期の自社データセンターにおけるHDD使用統計レポートを発表した。

 2022年第2四半期末時点で、Backblazeは世界中のデータセンターで21万9444台のHDDとSSDをモニタリングしている。そのうち4020台が起動ドライブ(2558台がSSD、1462台がHDD)、21万5424台がデータドライブ(全てHDD)だ。起動ドライブ4020台は、ストレージサーバ4020台に相当する。

 レポートではこれらのデータドライブについて3点、すなわち、(1)生涯故障率、(2)2022年第2四半期の故障率、(3)第2四半期故障率に関する考察――を報告している。

HDDの生涯故障率はどの程度なのか

 Backblazeは、2022年第2四半期末時点でデータドライブとして使用していた21万5424台のHDDのうち、テスト目的で使用していたものと、同一モデルの使用台数が60台に満たないものなど413台を除外して、21万5011台のHDD(27モデル)を対象に生涯故障率を分析した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。