ニュース
» 2022年10月07日 07時16分 公開

HashiCorpがHCP BoundaryをGAに、ゼロトラストの原則に基づくリモートアクセス管理を実現マネージドサービスとして提供

HashiCorpが、クラウド型のリモートアクセス管理サービス「HCP Boundary」の一般提供を開始した。HCP Vault」「HCP Consul」と組み合わせて、「ゼロトラスト」のアーキテクチャ/原則に則ったリモートアクセス制御ができるという。

[三木泉@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 HashiCorpは2022年10月5日(米国時間)、これまでβ版だったクラウド型のリモートアクセス管理サービス「HCP Boundary」の一般提供を開始した。HashiCorpのマネージドサービス「HashiCorp Cloud Platform(HCP)」上で既に提供されている「HCP Vault」「HCP Consul」と組み合わせて、「ゼロトラスト」のアーキテクチャ/原則に則ったリモートアクセス制御ができるという。

 HCP Boundaryでは、Okta、Azure Active Directoryなど一般的なID管理サービスと連携し、特定のホストやサービスに対する認証・認可をピンポイントで行う。VPNのように、ターゲット空間上のホストやサービスへのアクセスを無差別に許すようなことはない。シークレット管理の「HashiCorp Vault」、サービスメッシュの「HashiCorp Consul」と組み合わせることで、きめ細かなアクセス制御ができる。Vaultとの統合で、「ジャストインタイムでの資格情報の発行、重要なシステムへの一時的なアクセスが可能になる」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。