【 Get-NetFirewallProfile 】コマンドレット―― Windows Defenderファイアウォールのプロファイルを取得するWindows PowerShell基本Tips(47)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Get-NetFirewallProfile」コマンドレットを解説します。

» 2022年10月20日 05時00分 公開
[後藤諭史@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、「Windows 10」や「Windows 11」、Windows Serverに標準搭載されている「Windows Defenderファイアウォール」のプロファイルを取得する「Get-NetFirewallProfile」コマンドレットです。

Get-NetFirewallProfileコマンドレットとは?

 コンピュータの通信に対してフィルタリングを行い、意図しない通信によるセキュリティ侵害を防止する機能が「Windows Defenderファイアウォール」です。

 「Get-NetFirewallProfile」は、Windows Defenderファイアウォールの管理単位である「プロファイル」に対して、現在構成されているオプションを取得するコマンドレットです。

 Windows Defenderファイアウォールは、通信の許可/不許可のルールを「ポリシー」として設定しますが、複数のポリシー(および複数のポリシーをまとめたグループ)をセットとして管理し、適用しています。

 そのセットの単位がGet-NetFirewallProfileコマンドレットで取り扱う「プロファイル」であり、本連載第47回で紹介した「ネットワークの場所」と同じ名前のセットが用意されています。

 接続するネットワークに対して「ネットワークの場所」が設定され、同名のプロファイルでセットされた複数のポリシーに従ってWindows Defenderファイアウォールが通信をフィルタリングするという動きになります。

 なお、本コマンドレットは、従来コマンドプロンプトで使用していた「netsh」コマンドの「advfirewall show allprofile」オプション付き実行とほぼ同じものとなります。

Get-NetFirewallProfileコマンドレットの書式

Get-NetFirewallProfile [オプション]


Get-NetFirewallProfileコマンドレットの主なオプション

オプション 意味
-Name 構成を取得したいプロファイル名を指定する。省略可能
-AssociatedNetFirewallRule ファイアウォールポリシーを指定し、当該ポリシーが設定されているプロファイルを取得する
-All 全てのファイアウォールプロファイルを取得する場合に指定する。省略可能
-PolicyStore 構成の取得先(ActiveStore/PersistentStore)を指定する。省略可能。省略時はPersistentStoreを取得する


プロファイルに構成されているオプションを取得する

 Get-NetFirewallProfileコマンドレットをオプションなしで実行すると、プロファイルに構成されているオプションを取得します(画面1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。