クラウドコストは国によってどう違う? ビッグマック価格との比較で見るGartner Insights Pickup(278)

クラウドのコスト管理は、多面的で複雑な問題だ。そして、それは国ごとに異なる。本稿では、クラウドコストを各国のビッグマック1個の価格を基準に考えてみよう。

» 2022年10月28日 05時00分 公開
[Henrique Cecci, Gartner]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Smarter with Gartner」と、ガートナー アナリストらのブログサイト「Gartner Blog Network」から、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

※本記事は、2022年8月23日に公開されたものです。

 クラウドのコスト管理は、多面的で複雑な問題だ。通常、コストに影響するクラウドの幅広いオプションや機能、拡張性は、その氷山の一角にすぎない。クラウドコストの一部の側面は、ほとんどのユーザーには見えないままとなっている。

 世界のITリーダーが無視しがちなこうしたクラウドコストの隠れた一面は、「国ごとにクラウドコストが異なる」ことだ。各国には固有の属性があり、その中には購買力平価や政府によるインセンティブ、地域的な制約条件(エネルギー、物理的スペース、通信の可用性など)、文化、経済、政治的側面などが含まれる。これらが各国のIT支出に影響を与えているため、国によってクラウドコストには大きな違いがある。

 その現状を明らかにするために、われわれは次の調査をした。すなわち、15カ国を対象に、各国のパブリッククラウドの料金とマクドナルドの「ビッグマック」の価格を比較した。具体的には、各国のビッグマック1個の価格で、パブリッククラウドの「コンピュートインスタンス」をどれだけの時間使用できるかを、クラウド大手3社の6つのインスタンスごとにオンデマンド料金を基準に計算し、その平均を求めた。その結果を下の図1に示す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。