ニュース
» 2022年11月09日 10時30分 公開

130社調査で判明 ソフトウェア開発におけるセキュリティ強化、4つの見逃せないトレンドはAdobe、Paypal、Lenovoなど

シノプシスは、セキュア開発成熟度モデルの調査レポート「BSIMM13(日本語版)」を公開した。ソフトウェアセキュリティの取り組みに関して、過去12カ月の間に4つのトレンドが見られることを明らかにした。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 シノプシスは2022年11月2日、セキュア開発成熟度モデル(BSIMM)の調査レポート「BSIMM13(日本語版)」を公開した。BSIMM13には、AdobeやPayPal、Lenovoといった130社の企業に所属する約1万1900人のセキュリティ専門家と約41万人の開発者による、14万5000以上のアプリケーションに対するセキュリティ強化の取り組みが反映されているという。

 BSIMMは、ソフトウェア開発にセキュリティを組み込む組織の取り組みを調査し、数値化した成熟度モデル調査だ。BSIMM13では、ソフトウェアセキュリティの取り組みに関して、過去12カ月の間に4つのトレンドが見られることを明らかにした。

サプライチェーンリスクの理解と「SBOM」の整備が進む

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。