約半数の企業がサポート切れのKubernetesを使っている Datadogコンテナに関する「セキュリティとコンプライアンスの潜在的な課題」とは

Datadog Japanは「コンテナの実態調査」の第4版を発表した。半数近くの企業がコンテナの管理とデプロイにKubernetesを使用していることが分かった。

» 2022年12月02日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Datadog Japanは2022年12月1日、「コンテナの実態調査」の第4版を発表した。これはDatadogの顧客が運用している、15億以上のコンテナに関するデータを分析したもの。それによると、半数近くの企業がコンテナの管理とデプロイにKubernetesを使用していることが分かった。

画像

セキュリティとコンプライアンスの課題が顕在化

 調査結果によると、コンテナの利用拡大とともに、主要なクラウドサービスプロバイダーが提供している「サーバレスコンテナ」の利用が増加していることが分かった。サーバレスコンテナを利用しているユーザーの割合は2020年から15ポイント(2020年は21%、2022年では36%)増えていた。

 Datadogは「オーケストレーションツール、パブリッククラウドで管理されるコンテナ技術、サービスメッシュの普及によってセキュリティとコンプライアンスに関する潜在的な課題が生じている」と指摘している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。