71%の企業が「DevSecOpsを阻害する要因」を認識、改善に取り組んでいるのはたった16%プログレスがDevSecOpsに関する調査結果を発表

プログレスは、DevSecOpsに関する調査の結果を発表した。それによると「DevSecOpsの取り組みに改善の余地がある」と回答した割合は73%。「DevSecOpsの中でのセキュリティの位置付けを完全には把握できていない」という回答は51%に上った。

» 2022年12月07日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 プログレス・ソフトウェア・ジャパンは2022年12月6日、DevSecOpsに関する調査「DevSecOps:Simplifying Complexity in a Changing World(DevSecOps:変化を続ける世界における複雑さのシンプル化)」の結果を発表した。この調査は世界各国の企業に勤めるIT、セキュリティ、アプリケーション開発、DevOpsの意思決定者を対象に実施し、約600人から有効回答を得た。

画像 プレスリリース

多くの企業が「自社のDevSecOpsは改善すべき点は多い」と認識

 調査結果によると、多くの企業でDevOpsとDevSecOpsの目標を達成できておらず、73%が「改善の余地がある」(もっとできることがある)と回答した。また、DevSecOpsの管理方法については76%が「より戦略的になる必要がある」と回答した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。