デジタル投資の資金確保のカギ、CFOとCIOが建設的な関係を築くための、5つの秘訣Gartner Insights Pickup(285)(1/2 ページ)

CFO(最高財務責任者)とCIO(最高情報責任者)がデジタル投資について生産的な会話をするには、“同じ言葉”で話す必要がある。だが、多くの場合、そうではない。

» 2022年12月16日 05時00分 公開
[Jackie Wiles, Gartner]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Smarter with Gartner」と、ガートナー アナリストらのブログサイト「Gartner Blog Network」から、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

 インフレが続いた場合、CFO(最高財務責任者)はコスト削減に取り組む意向が強いが、今後2年間、自社のデジタル投資全体を維持または増やすことを計画しているCFOは全体の78%を占める。また、世界のIT支出は増加の一途(いっと)をたどると予想されている。これらのことから、デジタル支出の今後の見通しは明るいように見えるが、だからといって、特定のデジタルへの取り組みに、CFOに簡単に資金を振り向けてもらえるわけではない。

 Gartnerの最近の調査では、CFOとCIO(最高情報責任者)を置いている企業の中で、両者の関係が「強固なデジタルパートナーシップ」といえるのは30%にとどまることを示している。強固なデジタルパートナーシップは、対等な協調・協力関係が緊密で、かつ業務プロセス(部分最適)志向の対極にあるビジネス成果(全体最適)志向が強い関係を指す。CFOとCIOがこうした関係にある場合、デジタルへの取り組みに資金を配分する際、固有の財務管理の実務をより的確に処理できる。

連携が取れたCFO・CIOチームはデジタル施策の資金確保を成功させやすい

 CFOとCIOの関係が強固な企業について、次のような調査結果が出ている。

  • デジタルへの取り組みの資金を容易に確保できる可能性が、51%高い
  • デジタル支出を予算計画に沿って維持できる可能性が、39%高い
  • 目指すビジネス成果を達成できる可能性が、18%高い
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。