ニュース
» 2023年01月11日 08時00分 公開

2022年、最も人気が上昇したプログラミング言語は?首位「Python」と2位「C」のレーティングはわずかな差に

TIOBE Softwareはプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023年1月版を発表した。「Python」「C」「C++」「Java」という上位4言語のレーティングがこの1年で大きく上昇し、C++がTIOBEの「2022年のプログラミング言語」となった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソフトウェア品質の評価と追跡を手掛けるTIOBE Softwareは、2023年1月版の「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)を発表した。

 TIOBEインデックスはプログラミング言語の人気度を示すランキングで、同社が毎月更新している。2023年1月のランキングでは「Python」が16.36%のレーティングを獲得し、首位を維持した。2〜5位は「C」(16.26%)、「C++」(12.91%)、「Java」(12.21%)、「C#」(5.73%)となった。

 Pythonのレーティングは2022年11月に過去最高の17.18%に達したが、12月、2023年1月と2カ月連続で下落した。2位のCは、2022年6月からレーティングがほぼ一貫して上昇しており、12月と2023年1月には、いずれもPythonに0.1ポイント差に迫っている。

 また、2022年後半からレーティングが上昇基調にあったC++は、12月にJavaをわずかな差で抜いて3位となり、2023年1月もわずかに差を広げて3位を維持した。

 2023年1月のレーティングが前年同月比で上昇した言語は、上位20言語のうち10言語で、このうち上昇幅が1ポイントを超えた言語は、上位4言語(Python、C、C++、Java)のみだった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。