ニュース
» 2022年08月12日 13時20分 公開

Pythonの人気はどこから来るのか 開発言語ランキングから分かること上位4言語はレーティング上昇

TIOBE Softwareはプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2022年8月版を発表した。「Python」「C」「Java」「C++」という上位4言語のレーティングが、2021年8月比で大きく上昇した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソフトウェア品質の評価と追跡を手掛けるTIOBE Softwareは2022年8月7日(オランダ時間)、2022年8月版の「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)を発表した。

 TIOBEインデックスはプログラミング言語の人気を示すランキングで、同社が毎月更新している。今回は「Python」が過去最高の15.42%のレーティングを獲得し、首位を維持した。2〜4位の「C」(14.59%)、「Java」(12.40%)、「C++」(10.17%)も、いずれも2022年1〜8月で最高のレーティングを記録した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。