ニュース
» 2023年01月16日 08時00分 公開

JavaScript大調査「人気機能」「人気ライブラリ」「ランタイム」「情報源」などが明らかにState of JavaScript 2022

JavaScriptの利用動向に関する年次調査「State of JavaScript 2022」の結果が発表された。各種ライブラリ、機能、ツール、リソース、意見といったカテゴリー別に報告されている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 JavaScriptの利用動向に関する年次調査「State of JavaScript 2022」の結果が発表された。同調査は2022年11月21日〜12月22日にオンラインで実施され、世界各国のJavaScriptユーザーから3万9472件の回答を得た。回答数は前回調査の2.5倍近くに達した。

 同調査は、Web開発エコシステムにおける今後のトレンドを把握し、開発者の技術選択を支援することを目的としている。調査結果は、各種ライブラリ、機能(言語、ブラウザAPI、プログレッシブWebアプリ、WebAssembly)、他のツール、使用状況、リソース、意見といったカテゴリー別に報告されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。