ニュース
» 2022年04月15日 14時00分 公開

「State of JavaScript 2021」でJavaScriptの利用動向が明らかに使用率、満足度、関心度などを分析

JavaScriptの利用動向に関する年次調査「State of JavaScript 2021」の結果が発表された。回答数は1万6085件で、各種ライブラリ、機能(言語、ブラウザAPI、プログレッシブWebアプリ、WebAssembly)、他のツール、リソース、意見といったカテゴリー別に報告されている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 JavaScriptの利用動向に関する年次調査「State of JavaScript 2021」の結果が発表された。同調査は2022年1月13日〜2月2日にオンラインで実施され、世界各国のJavaScriptユーザーから1万6085件の回答を得た。

 同調査の目的はWeb開発エコシステムにおける今後のトレンドを把握し、開発者の技術選択を支援することだ。調査結果は、各種ライブラリ、機能(言語、ブラウザAPI、プログレッシブWebアプリ〈PWA〉、WebAssembly〈WASM〉)、他のツール、リソース、意見といったカテゴリー別に報告されている。

 調査結果のハイライトは以下の通り。

人気の機能や技術は?

 5つの観点から、最も勢いのある機能やツールなどが選定されている。

最も使われた機能

 「使用したことがある」回答者の割合が前年比で最も伸びた機能は以下の3つだ。

  1. nullish coalescing:nullish coalescing演算子(??)は、使用したことがある回答者の割合が2021年に21.8ポイント上昇した
  2. オプショナルチェイニング(19ポイント増)
  3. プライベートフィールド(9.5ポイント増)

今後も使用する技術

 「今後も使用する」回答者の割合が前年比で最も伸びた技術は以下の3つだ。

  1. esbuild:2020年にリリースされたビルドツール。前年比で20.1ポイント上昇しており、支持を伸ばしている
  2. tsc CLI(ビルドツール/17.3ポイント増)
  3. Testing Library(テストツール/8.3ポイント増)

最も満足度が高い技術

 満足しているユーザーの割合が最も高い技術は以下の3つだ。

  1. Vite(ビルドツール):満足度は97.4%に達した
  2. Testing Library(96.3%)
  3. esbuild(96.2%)

学習したいと考えている技術

 「学習したい」と考えている開発者の割合が最も高い技術は以下の3つだ。

  1. Vite(83%)
  2. Vitest(テストツール/81.8%)
  3. esbuild(80.4%)

記述回答が最も多い技術

 記述回答が最も多く寄せられた技術は以下の3つだ。

  1. Elm(JavaScriptにコンパイルされる言語):多くの質問で記述回答を受け付けていたが、Elmが124件と最も多くの記述回答を得た
  2. Stencil(Webコンポーネント構築ツール/104件)
  3. Platzi(教育プラットフォーム/100件)

人気のライブラリとユーザー数は?

ライブラリの満足度

 ライブラリの満足度(「また使用する」回答者の割合)について90%以上、80〜90%、60〜80%、60%未満の各グループ別にまとめられた結果は下図の通り使用率が10%未満のライブラリは含まれていない)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。