Emotet感染報告は「2021年から約150倍に急増」 デジタルアーツが国内セキュリティインシデントを集計マルウェア感染件数は対前年比約10倍

デジタルアーツは、セキュリティレポートを公開した。2022年の国内セキュリティインシデント総数は、対2021年比約1.5倍の1031件。「マルウェア感染」「誤操作、設定不備」「紛失、盗難」「不正アクセス」が、件数で上位を占めた。

» 2023年02月06日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 デジタルアーツは2023年1月31日、セキュリティレポートを公開した。2020〜2022年の情報漏えいなどに関する国内セキュリティインシデントを集計した。

画像 2020〜2023年の国内セキュリティインシデント数(提供:デジタルアーツ

 それによると、2022年に発生した国内セキュリティインシデントの総数は1031件で、2021年と比べて約1.5倍に増加していた。「マルウェア感染」「誤操作、設定不備」「紛失、盗難」「不正アクセス」が、件数で上位を占めた。

マルウェア感染によるインシデントは10倍に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。