ニュース
» 2023年04月12日 08時00分 公開

急増する「生成AIを使った詐欺メール」をどう防ぐ? Darktraceがメールセキュリティに関する調査結果を発表目には目を、AIにはAIを

Darktraceは、メールセキュリティに関する調査結果を発表した。それによると「ジェネレーティブAIで作成された本物と見分けが着かない詐欺メールに脅威を感じている」と回答した割合は82%だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Darktraceは、2023年4月3日(米国時間)、メールセキュリティに関する調査結果を発表した。これは世界6カ国(英国、米国、フランス、ドイツ、オーストラリア、オランダ)の企業の従業員を対象に、メールセキュリティについて調査したもので、711人から有効回答を得た。

画像 プレスリリース

「通信の真偽を判断する責任を人間に負わせることはできない」

 「ChatGPT」が話題となっている。プログラミング作成を支援させたりメールの文面を考えさせたりといったことに利用できるため、積極的に業務利用している企業も珍しくない。だが、そのメリットを享受できるのはサイバー攻撃者たちも同じだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。