ニュース
» 2023年04月24日 08時32分 公開

約1200人のセキュリティ担当者に聞いた、「今、ランサムウェア対策するならどの部分から?」Cybereasonがセキュリティオペレーションセンターに関する調査結果を発表

Cybereasonは、セキュリティオペレーションセンターに関する調査の結果を発表した。最大の脅威として身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」を挙げた人が49%を占め、30%以上が「ランサムウェアの脅威に対処するために、より多くの人材やサービスが必要」と回答した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Cybereasonは2023年4月20日、「2023年版 ランサムウェアと最新のSOC〜ランサムウェアがSOCを最新化するために与えた影響〜」を発表した。

画像 プレスリリース

 これは企業のサイバーセキュリティ担当者を対象に実施したセキュリティオペレーションセンター(SOC)に関する調査結果をまとめたもの。世界8カ国(米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、シンガポール)で実施し、1203人から有効回答を得た。

「ランサムウェアの脅威」を契機に積極的な対応を取る企業も

 調査結果によると、サイバーセキュリティ担当者が直面する最大の脅威として身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」と回答した人の割合は49%、「サプライチェーン攻撃」は46%、「日常的な標的型攻撃」は31%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。