2023年は企業ではなく「個人」が主役? IDC Japanが国内セキュリティ市場予測を発表2023年の国内市場規模は9336億円に

IDC Japanは、セキュリティ市場について産業分野、企業規模別の予測を発表した。2023年の全世界の支出額は対2022年比12.1ポイント増の2190億米ドル、日本は対2022年比7.1ポイント増の9336億円と予測している。

» 2023年04月17日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2023年4月12日、セキュリティ市場について産業分野、企業規模別の予測を発表した。同社は、2023年の全世界の支出額を対2022年比で12.1%ポイント増加の2190億米ドル、日本に限ると対2022年比7.1ポイント増の9336億円と予測している。

画像 産業分野、企業規模別国内セキュリティ市場予測(提供:IDC Japan

個人情報保護やコンプライアンス対応としてのセキュリティが成長

 IDC Japanによると、2022年の国内セキュリティ市場は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でテレワークが普及したことでインターネットを介した企業システムへのアクセスが増加し、「『EDR』(Endpoint Detection and Response)を含むエンドポイントセキュリティやID管理市場が拡大した」という。

 企業に対する「ランサムウェア攻撃」「DDoS(Distributed Denial of Service attack)攻撃」といったセキュリティインシデントも、サイバーセキュリティ対策市場の拡大を後押しした。また、家にいる時間が増えたためか、eコマースやインターネットバンキングの利用が浸透し、その結果、消費者向けに「認証の厳密化」や「なりすましの防止」などの需要が拡大したとIDC Japanは分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。