ニュース
» 2023年05月08日 08時00分 公開

「アドオン」ではなく「組み込み型」に Red Hatがクラウドネイティブセキュリティに関するレポートを発表67%が「セキュリティの懸念でクラウドネイティブの導入を遅らせた」

Red Hatは2023年4月18日、「The State of Kubernetes Security for 2023」(Kubernetesのセキュリティに関するレポート)を公開した。それによると、企業のKubernetes採用率は上がっているが「それに見合ったセキュリティ投資になっていない」という。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Red Hatは2023年4月18日(米国時間)、「The State of Kubernetes Security for 2023」(Kubernetesのセキュリティに関するレポート)を公開した。これは、組織がクラウドネイティブ採用の過程で直面する一般的なセキュリティの課題と、ビジネスへの影響について調査した結果をまとめたもの。DevOps、エンジニアリング、セキュリティに関する専門家を対象に実施し、600人から有効回答を得た。

Kubernetes採用率が上がってもセキュリティ投資は増えていない

 同社は「デジタルトランスフォーメーション(DX)の基礎として、Kubernetesを採用する企業が急増している。ただ、コンテナ化されたワークロードを保護するための最善の方法については、本番での利用が定着してもなお、懸念が残っている」と指摘している。

 レポートによると、38%が「セキュリティが十分に考慮されていない」「セキュリティへの投資が不十分である」と回答しており、2022年の調査時よりも7ポイント増加していた。「Kubernetesの採用率が伸び続けているにもかかわらず、その伸びとセキュリティ投資の伸びが必ずしも一致していない」と同社は分析している。

画像 38%が「セキュリティ投資について懸念がある」と回答

 「投資と採用のギャップを克服する最善の方法の1つは、セキュリティをアドオンとしてではなく、セキュリティが組み込まれたクラウドネイティブなツールに投資することだ。そうしたツールには、システムの基盤からアプリケーションレベルまで、セキュリティが統合されているため、セキュリティのためだけに追加投資をする必要がなくなる」(Red Hat)

ビジネスで成果を得るためには「適切なセキュリティ」が必須

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。