AWS、ソフトウェア開発サービス「Amazon CodeCatalyst」の一般提供を開始ソフトウェア開発に必要な各種要素を集約、効率化

Amazon Web Services(AWS)はソフトウェア開発サービス「Amazon CodeCatalyst」の一般提供を開始した。

» 2023年05月11日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2023年4月20日(米国時間)、「Amazon CodeCatalyst」(以下、CodeCatalyst)の一般提供を開始した。CodeCatalystは、AWSで開発するチームのためのサービスで、アプリケーションの計画立案、コーディング、構築、テスト、デプロイの支援機能を提供する。

CodeCatalystが提供するエクスペリエンス

 CodeCatalystは次の4つの基本要素を備えている。

  • プロジェクトを素早く作成する「ブループリント」
  • ソフトウェアライフサイクルを管理する「アクションベースのCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デプロイ)自動化」
  • 一貫したビルド体験を提供する「リモート開発環境」
  • 開発チームが連携するための「プロジェクトおよび課題管理」

ブループリント

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。