ニュース
» 2023年06月06日 08時00分 公開

AirbnbがAWSのMacインスタンスでiOS向けCIシステムを再構築した理由新しいiOS CIシステムの利点4つも紹介

Airbnbが、メンテナンスをより簡単に行えるiOS CIシステムを発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Airbnbは2023年5月11日(米国時間)、Amazon Web Services(AWS)のAmazon EC2 Macインスタンス上に再構築した、iOSアプリ向けCI(Continuous Integration:継続的インテグレーション)環境について説明した。公式ブログで再構築の背景や、新システムのメリットを紹介した。

今までの課題はメンテナンスコストとMacフリートの容量

 同社によると、従来のCIシステムではメンテナンスにかかる膨大なコストが大きな課題という。これまでは、AirbnbのiOS向けCIはMacで運用して、仮想化せずにCIを実行することでスピードアップを図っていた。しかし、ハードウェア上でCIジョブを直接実行するため、多額のメンテナンスコストがかかっていた。

 iOSインフラエンジニアが300台以上のマシンに個別にログインし、MDM(モバイルデバイス管理)ツールへのMacの登録やmacOSのアップグレードといった管理タスクを実行するやり方は、フリートの拡張性を制限してしまい、エンジニアの時間を消費していたと同社は指摘する。

 2つ目の課題は、Macにおけるフリートの容量が固定されていた点だ。容量が固定されていたために、新しいバージョンに対してiOSのCIジョブを徹底的に検証することが難しかった。「Xcode」の新しいバージョンにアップデートする際も、エラーがたびたび発生していたという。

 Airbnbの多くのiOSエンジニアは「Swift」とXcodeのリリースを頻繁にチェックし、新しい言語機能やIDEの改良の採用を希望しているため、Airbnbでは新しいXcodeバージョンを定期的にロールアウトするよう努めているという。

 しかし、Macにおけるフリートの容量が固定されていたことで、以前のXcodeバージョンからのCIジョブを受け入れることができなくなっていた。

カスタムmacOS AMIでCIをアップグレード

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。