ニュース
» 2023年07月18日 10時30分 公開

LinkedInは「最大毎秒480万リクエスト」をどうさばいているのかストレージの高負荷に対処しながらサービスコストを10%削減

ピーク時には毎秒480万人以上の会員プロフィールを提供するLinkedIn。年々負荷が高まるストレージインフラを改善するため「Couchbase」を採用した。採用にいたったいきさつや導入後の問題にどう対処したか、公式エンジニアリングブログで解説した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ピーク時には毎秒480万人以上の会員プロフィールを提供するLinkedIn。ストレージインフラへのリクエスト数は年々増えており、コアコンポーネントの高負荷により、スケーリングの懸念に対処できないほど事態は深刻になっていた。

 そこでLinkedInは、読み取りスケーリング用の集中型ストレージ層キャッシュとしてNoSQLデータベースである「Couchbase」を導入した。99%以上のキャッシュヒット率を達成し、テールレイテンシは60%以上削減。サービスコストは年間で10%の削減に成功したという。

 LinkedInは公式エンジニアリングブログで、Couchbaseの採用に至ったいきさつや導入後の問題にどう対処したか解説した。

LinkedInのストレージインフラの歴史

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。