頭の片隅に置いておきたい アプリ開発を成功させる「10のメトリクス」アプリがどれだけビジネスに貢献するかの判断指標になる

ポール・ナシャワティ氏はWebメディア「TechTarget」にて、アプリケーションのパフォーマンスを測定する10の指標(メトリクス)について解説した。同氏は「アプリケーションの成功は、適切なメトリクスの選択にかかっている」と語る。

» 2023年09月12日 08時00分 公開
[Joydip KanjilalTechTarget]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ポール・ナシャワティ氏は2022年7月22日(米国時間)、Webメディア「TechTarget」にてアプリケーションのパフォーマンスを測定する10の指標(メトリクス)について解説した。同氏は「パフォーマンスメトリクスはアプリケーションがビジネスにどれだけ貢献するかを判断し、改善のための方針を明確にするために不可欠だ」としている。

画像 「10個のアプリケーションパフォーマンスメトリックとそれらを測定する方法」(提供:TechTarget)

 ナシャワティ氏が紹介するメトリクスは以下の10個だ。

1.CPU使用率

 CPU使用率は、アプリケーションの応答性に大きな影響を与える。CPU使用率が急増している(スパイクしている)場合、アプリケーションの処理に時間がかかっており、応答性が低下していることを示している。スパイクは「パフォーマンスのバグの兆候」と見なすべきだ。

2.メモリ使用量

 メモリ使用量も重要な指標だ。メモリ使用量が多いということは、サーバリソースを過剰に消費している可能性がある。ナシャワティ氏は「メモリ使用量を監視する際には、ページ障害とディスクアクセス時間に注意する必要がある」と指摘している。

3.1分当たりのリクエスト数とリクエスト当たりのバイト数

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。