GitHub リポジトリルールでコードマージ前の必須ワークフローが設定可能にリポジトリに追加されるコードを新しいレベルで制御

GitHub Enterprise Cloudのユーザーは、コードを組織のリポジトリにマージする前に、特定のワークフローが正常に実行されることを必須とする設定を行えるようになった。

» 2023年10月17日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitHubは2023年10月11日(米国時間)、GitHub Enterprise Cloudのユーザーが、コードを組織のリポジトリにマージする前に、特定のワークフローが正常に実行されることを必須とする設定を行えるようにしたと発表した。

 この設定と管理は、GitHubリポジトリのルールセットを操作して行う。この機能により、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)のベストプラクティスの一つであるワークフローの一元管理がより容易になるという。

強制機能が重要

リポジトリで「Require workflows to pass before merging」(マージ前にワークフローがチェックにパスすることを必須とする)チェックボックスを選択(提供:GitHub)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。