「AI導入は不可欠だが、懸念も残る」GitLabが調査したソフトウェア開発におけるAI活用事情開発者の約半数がコード生成以外のAI利用に意欲的

GitLabは「ソフトウェア開発におけるAIの現状」の調査結果を発表した。開発者やセキュリティ専門家の83%が「AI導入は不可欠」、その反面79%が「AIが個人情報や知的財産にアクセスすることを懸念」と回答した。

» 2023年10月10日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitLabは2023年9月29日(米国時間)、「Global DevSecOps AI Report:The State of AI in Software Development」(ソフトウェア開発におけるAIの現状)を発表した。

 1000人以上の各国の技術系上級幹部、開発者、セキュリティおよび運用の専門家を対象に調査を実施し、組織がソフトウェア開発においてどのようにAI(人工知能)を活用しているか、AIを活用して将来何を達成したいと考えているかをまとめた。

AI導入は不可欠、反面でセキュリティへの懸念も

 調査では、セキュリティとプライバシーを懸念する人は多いが、AI導入を急ぐ流れが損なわれているわけではないということが分かった。調査対象者の83%が「ソフトウェア開発プロセスにAIを導入することは不可欠である」と回答している一方で、「個人情報や知的財産にAIツールがアクセスすることを懸念している」との回答が79%を占めた。

 懸念事項で最も多かったのは「顧客データなどの機密情報が漏えいする可能性」(72%)で、回答者の半数近く(48%)が「企業秘密の漏えいを懸念している」と答えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。