連載
» 2023年11月30日 05時00分 公開

「よければ一緒に」 Xがあって本当に良かったよ、KANさんありがとうございました

大好きな人を突然失った悲しみは、Xでハッシュタグを追い、みんなの思い出や感想を見ることで持ちこたえられました。

[岡田有花@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ここ1年ほど、X(旧Twitter)が不穏です。イーロン・マスク氏の方針に反発するユーザーは多く、「Xはじわじわと終焉(しゅうえん)に向かっている」といわれることもあります。

 でも私は今、Xがあって良かったと心から思っています。

 2023年11月12日、シンガー・ソングライターのKANさんが天に召されました。私は彼と彼の作品がずっと好きでした。2023年3月7日に行われたライブは最高に楽しかった。まさかそれが最後になるなんて……。突然過ぎる訃報に、何も手に付かなくなりました。

 私には、KANさんファンの友達があまりいません。誰かと話して落ち着きたかったけど、語り合える仲間がいない。気持ちも体も、どこに置けばいいのか分からなくなっていました。

 そんなときに寄り添ってくれたのは、KANさんファンやアーティストの方々の、Xへの投稿でした。

 みんな悲しんでいたし、泣いていました。悲しくて何もできないのは私だけではなかった。一人じゃないということが心強かった。Xがあって良かった。心から、そう思いました。

筆者が保管していたKANのライブチケットやフライヤー

“独自の方法”でXを楽しんでいたKANさん

 KANさんは2019年にTwitter(X)を始め、独自の使い方を編み出していました。

 例えば「クイズ・ハウメニィ?」。ブドウやブルーベリー、マッチ棒など、容器に詰め込まれたモノの写真を見せ、幾つ入っているかフォロワーに当ててもらう企画です。「クイズ・あの人この歌」は、KANさんが海外で購入してきたCDのジャケットだけを公開し、歌手名と曲名を自由にイメージしたリプライを募集するというもの。

 回答者には報酬として「mental point」(mp)という「精神的なポイント」が付与されます。ハウメニィには正解がありますが、あの人この歌には正解がなく、応募したユーザー自身が納得すればmpがもらえます。mpを加算、管理するのはユーザー自身。筆者は「420mp」しかためられませんでしたが、ファンの中には数千ポイントためている方もいらっしゃいました。

 訃報が公表された翌日、ラジオで追悼番組が放送されました。1人ではとても聞けないと思ったけれど、Xで番組ハッシュタグを追い、みんなの感想を見ながら聞くことで、持ちこたえられました。

 その番組は「Wabi-Sabi レディオ・ショー」。大阪の放送局、FM COCOLOの番組ですが、radikoのエリアフリーのおかげで、インターネットを通じて東京でも聞くことができました。

 ミュージシャンの根本要さんと馬場俊英さんが、KANさんの葬儀の様子を語っていました。遺影が夏目漱石の肖像写真をオマージュした「夏目漱石風画像」だったこと、還暦の記念に撮ったきらびやかな振り袖姿の写真が、棺(ひつぎ)のそばに飾られていたこと……KANさんが闇に消えてしまったように感じていたけれど、最期までKANさんがKANさんであり続けたことが分かって、少しホッとしました。

画像 KANさんの遺影に使われた「夏目漱石風画像」をあしらったメガネ拭き。ツアーグッズでした

 KANさんは、古いものを手入れして大切に使い続ける人でした。愛車は「愛は勝つ」のころに買ったものを修理しながら30年以上乗り続けていたし、携帯電話は最後までガラケーだったそうです。曲作りにはかなり古いMacbookを使っていたし、音楽はCDで聞いていて、自宅の押し入れには大量のCDが、アーティスト名順に整理されていたようです。

亡くなる直前、突然のサブスク解禁

 亡くなる9日前に突然「ヨロシクサブシュク」と言って楽曲のサブスクを解禁し、さらにその後、YouTubeで楽曲動画が多数公開されました。びっくりしました。サブスクにはずっと出していなかったし、YouTubeには、ごく一部のMVだけしか公開していなかったから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。