ニュース
» 2023年12月01日 08時00分 公開

「Ansible」と「Docker」の違いは? 両ツール連携の仕組みは?併用すれば多くのインフラ管理が可能に

AnsibleとDockerにはそれぞれ特定の役割がある。AnsibleのPlaybookとDockerのDockerfileを一緒に使えば、サーバの制御と構成可能性が向上する。本稿では、AnsibleとDockerの違いと、両ツールが連携する仕組みを解説する。

[Matthew GrasbergerTechTarget]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Red Hatの「Ansible」とDockerの「Docker」はいずれも、自動化によってソフトウェアのリリース速度を上げたいと考えるIT部門に広く使われているツールだ。両ツールは大きく異なるが、うまく連携して機能する。ソフトウェアのデプロイと運用に関して、両ツールはそれぞれ異なる重要なタスクを担う。

 Dockerにより、メンテナンスが容易で反復可能な方法でアプリケーションを運用できる。管理者はアプリケーションのコマンド全てを格納する「Dockerfile」を作成してから、Dockerイメージをビルドする。こうしてビルドしたイメージはほぼ全てのシステムで運用できる。

 Ansibleの自動化機能により、管理者はサーバのプロビジョニングと構成が容易になる。Ansibleは「Python」で開発されているため、ほぼ全てのPCで実行でき、依存関係への更新のインストール、ソフトウェアの構成、運用中のアプリケーションのオーケストレーションなどを実行する。

 本稿ではAnsibleとDocker、両ツールの違いと、両ツールが連携する仕組みを確認する。

DockerとDockerfileの仕組み

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。