ニュース
» 2023年12月05日 10時30分 公開

Microsoft、フルマネージドのカオスエンジニアリングサービス「Azure Chaos Studio」の一般提供を開始本番環境で疑似的な不具合を引き起こす

Microsoftは、「Azure Chaos Studio」の一般提供を開始した。本番環境で疑似的な障害を意図的に引き起こし、アプリケーションのレジリエンス(回復性)を向上させるための実験プラットフォームだ。

[@IT]

 Microsoftは2023年11月15日(米国時間)、「Azure Chaos Studio」の一般提供を開始したと発表した。本番環境で疑似的な不具合を引き起こすことにより、アプリケーションのレジリエンス(回復性)を向上させる実験プラットフォームだ。

 Azure Chaos Studioでは、現実世界の障害(ネットワークの遅延、予期せぬストレージ障害、シークレットの期限切れ、データセンターの停止のような)に対するアプリケーションの応答を評価できる。Azure Chaos Studioを使用することで、アプリケーションのレジリエンスをプロアクティブに向上させる方法をよりよく理解するために、幅広いエージェントベースの障害(リソース内を破壊する)とサービスベースの障害(コントロールプレーンのリソースを破壊する)による実験を設計、実施できる。

プレビュー期間での機能強化

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。