連載
» 2023年12月08日 05時00分 公開

【 Clear-Disk 】コマンドレット――コンピュータのディスク上のデータを消去するWindows PowerShell基本Tips(92)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Clear-Disk」コマンドレットを解説します。

[後藤諭史@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、コンピュータに接続されたディスク上のデータを消去する「Clear-Disk」コマンドレットです。

Clear-Diskコマンドレットとは?

 コンピュータに接続された物理ディスクを別のコンピュータで転用したり、物理ディスクを廃棄したりする場合、ディスク上のデータの消去は必須といえます。ディスク上の全情報の削除手法として真っ先に思い付くのが、GUIツールである「ディスクの管理」ツールを使用した「ボリュームの削除」でしょう。

 しかし、「ボリュームの削除」で行えるのはあくまで“ボリューム(パーティション)の削除”であり、物理ディスク上に複数のパーティションが設定されている場合には、パーティションごとに削除作業を行う必要があります(画面1)。

ALT 画面1 GUIツールを使用して物理ディスク上のパーティションを削除する場合は、全てのパーディションで削除処理を行う必要がある

 また、この作業ではボリューム(パーティション)だけが削除され、Windows OSでディスクを利用可能にするために必要な初期化設定(パーティション形式)は削除できません。

 「Clear-Disk」は、ディスク上に格納されたデータやパーティション、パーティション形式といった初期化設定も含め、ディスク上の全てのデータを消去し、ディスクを初期化されていない状態にまで戻すコマンドレットです。

 Clear-Diskコマンドレットを使用することで、GUI操作では不可能な「回復パーティション」の消去までもが可能で、非常に強力です。したがって、“データ消去”というコマンドレットの特性上からも実行には細心の注意を払ってください。

Clear-Diskコマンドレットの書式

Clear-Disk [オプション]


Clear-Diskコマンドレットの主なオプション

オプション 意味
-Number データを消去したいディスクの番号を指定する。「-UniqueId」オプション指定時には省略可能
-UniqueId データを消去したいディスクのユニークIDを指定する。「-Number」オプション指定時には省略可能
-RemoveData 利用中のデータパーティションも含めて消去する。省略可能
-RemoveOEM 回復パーティションも含めて消去する。省略可能

ディスクを指定して消去する

 消去したいディスク番号のみを指定してClear-Diskコマンドレットを実行すると、利用可能なデータパーティションや回復パーティションではない場合に限り、消去実行確認プロンプトの応答を経て、ディスク上の全データが消去されます(画面2)。なお、本コマンドレット実行時には管理者権限が必要となります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。