ニュース
» 2024年01月16日 13時30分 公開

Microsoftが「Copilot for Windows 365」を中小企業へも提供、個人向けにも月20ドルのプランが登場「300シート以上の購入」条件も撤廃

Microsoftは2024年1月15日(米国時間)、「Copilot for Windows 365」(旧称「Microsoft 365 Copilot」)の提供を中堅中小企業や個人に拡大した。個人向けには有料プランを発表した。

[三木泉@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2024年1月15日(米国時間)、「Copilot for Windows 365」(旧称「Microsoft 365 Copilot」)の提供を中堅中小企業や個人に拡大した。個人向けには有料プランを発表した。

「Business Premium」 「Business Standard」でも使えるように

 Microsoftは2023年11月に、Microsoft 365 Copilotという製品名で Microsoft 365のAIアシスト機能を正式にリリースした。

 だが購入できるのは「E3」あるいは「E5」ライセンスを導入している組織のみとしていた。また、「E3あるいはE5ライセンスを300シート(ユーザーライセンス)以上導入していること」、および「Microsoft 365 Copilotライセンスを300シート以上購入すること」という条件があることが明らかとなっており、ユーザーから批判を受けていた。

 今回の発表で、中堅中小企業(具体的には「Business Premium」 「Business Standard」導入企業)でも299シートまで購入できることになった。料金は1ユーザー当たり30ドルで変わらない。

 「E3」「E5」を利用する大規模ユーザー組織に対しても、300シート以上という購入条件を撤廃した。また、「Office 365」のE3/E5ユーザー組織でも使えるようになった。

個人向けの「Copilot Pro」とは

 同時に、個人がCopilot for Windows 365の機能を使える有料サービス「Copilot Pro」も発表となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。