ニュース
» 2024年01月24日 08時00分 公開

「技術者じゃなくても納得できるプロジェクト企画書」の作り方を解説技術ではなく、財務的な視点を強調することが重要

TechTargetは、「ソフトウェアプロジェクトのビジネスケース」に関する記事を公開した。ソフトウェアプロジェクトを提案する場合、技術的な側面に関する詳細な調査が欠かせない。だが、プロジェクトのビジネスケースにおいては、技術的な話を抑える必要がある。

[Matt HeusserTechTarget]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 TechTargetは2023年12月16日(米国時間)、「ソフトウェアプロジェクトのビジネスケース」に関する記事を公開した。ビジネスケースとは、そのプロジェクトの投資的価値を判断するために使う、いわば企画書のことだ。

画像 ソフトウェアプロジェクトの強力なビジネスケースを作成する方法(提供:TechTarget)

 アーキテクチャの再設計や革新的なアプリケーションの開発など、新しいソフトウェアの取り組みでは、まずプロジェクトを提案することから始まる。しかし、技術的な観点から見てどれほど包括的で詳細なものであったとしても、ビジネスサイドの管理者から賛同が得られないような提案は、始めるきっかけすら得られないまま終わる可能性がある。

 アーキテクト、開発リーダー、その他の上級ソフトウェア開発者は、ビジネスサイドとのコミュニケーションをマスターすることで、より多くのプロジェクトを承認してもらえるだろう。本稿は、ソフトウェアプロジェクトのビジネスケースを作成する上で重要な要素について解説する。

PoCで強力な財務的根拠を示す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。