ニュース
» 2024年01月29日 11時00分 公開

生成AIアプリ開発フレームワーク「LangChain」、安定版(v0.1.0)を公開PythonとJavaScriptをサポート

LangChainプロジェクトは、LLMアプリケーションを開発するためのオープンソースフレームワークである「Langchain」の安定版(v0.1.0)を公開した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 LangChainプロジェクトは2024年1月8日(米国時間)、大規模言語モデル(LLM)を活用した生成AI(人工知能)アプリケーションを開発するためのオープンソースフレームワーク「LangChain」の安定版(v0.1.0)を公開した。

 LangChainは、LLMを活用した生成アプリケーション開発を支援するオープンソースのフレームワークだ。LLMとコンテキスト(データソース)の統合を支援する複数の機能を提供している。開発者はLangChainを利用することで、LLMを利用した生成AIアプリを構築できる。

 LangChai社は「完全な下位互換性があり、PythonとJavaScriptの両方で利用可能だ」と述べている。

LangChain v0.1.0の主な変更点

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。