特集
» 2024年01月31日 05時00分 公開

今日から始められる「生成AI」活用――Microsoft、Google、AWSの最新サービスを整理する各社の担当者が紹介

システム運用をテーマにしたオンラインイベント「Ops Summit 2023」が開催された。大きな注目を集めた生成AIをテーマに、Microsoft、Google、AWSの担当者らが、どのような生成AIサービスを提供しているのか解説した。

[柴田克己@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 フィックスポイントは、2023年11月29日に1日限定のオンラインイベント「Ops Summit 2023」を開催した。Ops Summitでは例年、システム運用に関連したテーマが取り扱われるが、2023年に大きな社会的関心を集めたAI(人工知能)を軸に「AIとシステム運用の未来」をテーマとしたさまざまなセッションが設けられた。

 2023年はOpenAIの「ChatGPT」をはじめとする生成AIの急速な進化が話題となった。その力を、どうすれば既存業務の効率化や新たな価値創出につなげられるのか。生成AIがあらゆる業界、業種における関心事にもなる中、Microsoft、Google、AWS(Amazon Web Services)は、ユーザーが業務にAIを効果的に適用する方法を探る手助けとなるサービスを、いち早くリリースし始めている。

 Ops Summit 2023では、Microsoft、Google、AWSの担当者が、自社が提供するAI関連サービスを紹介した。各社のセッション内容をお伝えする。

ChatGPTとの協業成果を全製品とサービスに適用するMicrosoft

 日本マイクロソフトの土屋博之氏(デジタルカスタマーサクセス本部 本部長)は「Microsoftが提案するAIを活用したOpsの最新情報」と題して講演した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。