ニュース
» 2024年02月08日 12時30分 公開

Apple、構成ファイルを生成するプログラミング言語「Pkl(ピックル)」を公開宣言的で読み書きが簡単、複雑な記述にも対応

Appleは、構成ファイルを生成するためのプログラミング言語「Pkl」をオープンソースとして公開した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Appleは2024年2月1日(米国時間)、構成ファイルを生成するためのプログラミング言語「Pkl」(「ピックル」と発音)をオープンソースとして公開した。公開時点でのバージョンは0.25.1となっている。

AppleがPklを開発した理由

 構成ファイルの作成には、JSON、YAML、プロパティリストのような静的言語が利用されている。だが、構成が複雑になると、これらの言語では足りない部分が出てくると、Pklチームは指摘する。表現力が乏しいため、コードが繰り返されたり、独自の検証機能がないため、構成エラーが発生しやすかったりしているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。