攻撃手法はbotネットから脆弱性の悪用へ ランサムウェア攻撃の状況をSymantecが解説ランサムウェア攻撃者は妨害行為を増加させている

Broadcomは、2023年のランサムウェア攻撃の状況をSymantec公式ブログで明らかにした。2023年第4四半期にランサムウェアの攻撃数は20%強減少したにもかかわらず、ランサムウェアの活動は引き続き増加傾向にあるという。

» 2024年04月02日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Broadcomは2024年3月12日(米国時間)、2023年のランサムウェア攻撃の状況をSymantec公式ブログで明らかにした。

 2023年第4四半期にランサムウェアの攻撃数は20%強減少したにもかかわらず、ランサムウェアの活動は引き続き増加傾向にある。Broadcomによると、攻撃者は戦術の洗練を続けており、被害者を感染させる新たな方法を見つけ、迅速に混乱に陥れることができるという。

 ランサムウェア漏えいサイトのデータを分析したところ、攻撃者が2023年に攻撃した被害者数は4700人で、2022年の2800人に比べて大幅に増加したことが分かった。botネット「Qakbot」が2023年6月に閉鎖し、主要なマルウェア配布チャネルが無力化されたが、攻撃者はすぐに適応し、現在では脆弱(ぜいじゃく)性の悪用がランサムウェア攻撃の大部分を占めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。