Google、WebベースIDE「Project IDX」のβ版を提供開始ブラウザだけでフルスタックのアプリ開発を開始できる

Googleは、さまざまなプラットフォームにわたって迅速、簡単にアプリケーションを構築、展開できるWebベースの統合開発環境「Project IDX」のβ版を提供開始した。

» 2024年05月17日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2024年5月14日(米国時間)、Webベースの統合開発環境(IDE)「Project IDX」のβ版を提供開始した。

 GoogleはProject IDX(以下、IDX)を2023年8月に立ち上げた。IDXは、「Google Cloud」上の事前設定済みの仮想マシン(VM)で動作する。開発環境をセットアップする手間をかけずに、フルスタックのマルチプラットフォームアプリケーション開発ができるAI(人工知能)支援型ワークスペースだ。

 幅広いフレームワーク(Angular、Flutter、Next.js、React、Svelte、Vueなど)、言語、サービスをサポートし、さまざまなGoogleサービスと連携し、開発ワークフローを効率化できる。開発者は、さまざまなプラットフォームにわたって高品質なアプリケーションを迅速、簡単に構築し、リリースできる。既存のGitHubリポジトリとその依存関係をインポートして作業に取り掛かることも可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。