RISC-Vプロセッサ、2030年の出荷が170億個で世界市場のほぼ4分の1に年率50%近くのペースで増加、車載向けが最も急成長

Omdiaによると、RISC-Vプロセッサは2030年までに、世界市場のほぼ4分の1を占めるようになる見通しだ。

» 2024年05月22日 08時00分 公開
[@IT]

 調査会社Omdiaは2024年5月16日(英国時間)、RISC-Vプロセッサが2030年までに、世界市場のほぼ4分の1を占めるようになるとの見通しを明らかにした。

 オープン標準の命令セットアーキテクチャ(ISA)であるRISC-Vは、産業分野で最も多く使用されていくが、車載向けの出荷が急速に成長すると予測されている。またAI(人工知能)の台頭も、RISC-Vの継続的な普及拡大に寄与しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。