OpenTofuの「ブロック削除機能」「stateファイル暗号化」はなぜ注目されているのかHashiCorpやコミュニティーとの関係に深く影響

TechTargetは「OpenTofu 1.7β版」に関する記事を公開した。同バージョンではTerraformのコミュニティーが長い間求めていたブロック削除機能とクライアント側の状態(state)ファイルの暗号化がサポートされている。

» 2024年05月29日 08時00分 公開
[Beth PariseauTechTarget]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 TechTargetは2024年4月19日(米国時間)、「OpenTofu 1.7β版」に関する記事を公開した。

画像 OpenTofuはHashiCorpの怒りを買ったβ機能で前進(提供:TechTarget)

 「OpenTofu」はHashiCorpの「Terraform」をフォーク(派生)させて開発されたオープンソースのIaC(Infrastructure as Code)だ。

 TechTargetのベス・パリソー氏(シニアニュースライター)は「OpenTofuの最新β版(1.7)は、2つの点でTerraformのオリジナル作成者に反抗している」と指摘。それは、HashiCorpが違法にコピーしたと非難している機能を保持していることと、Terraformコミュニティーで話題となっている機能をTerraformよりも先に実装したことだ。

TerraformとOpenTofuを巡る騒動

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。