Microsoft、「VMware Cloud Foundation」ライセンスの「Azure VMware Solution」への移行をサポートする計画を発表2024年後半に提供開始予定

MicrosoftとBroadcomは提携を拡大し、「Azure VMware Solution」で「VMware Cloud Foundation」のサブスクリプションをサポートする計画を発表した。

» 2024年06月05日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 MicrosoftとBroadcomは2024年5月30日(米国時間)、提携を拡大し、Microsoftの「Azure VMware Solution(AVS)」でVMwareの「VMware Cloud Foundation(VCF)」のサブスクリプションをサポートする計画を発表した。

 AVSは、Microsoft Azureのデータセンター内のベアメタルサーバ上に、VMware環境を自動構築して運用するクラウドサービス。VCFは、「VMware vSphere」「VMware vSAN」「VMware NSX-T」「VMware HCX」といったコンポーネントで構成されるクラウドプラットフォームだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。