連載
» 2022年04月20日 05時00分 公開

「gpupdate」コマンドでグループポリシーの適用を強制するTech TIPS

グループポリシーを設定しても、すぐにクライアントPCには伝達されない。グループポリシーをすぐに適用したければ「gpupdate」コマンドを利用するとよい。「gpupdate /force」コマンドを使うと、現在の状態にかかわらず、グループポリシーを強制的に再適用させることができる。

[デジタルアドバンテージ,著]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

gpupdateでグループポリシーの適用を強制

対象:Windows 10/Windows 11


 Active Directory環境では、システム各部に関する設定を「グループポリシー」の機能を使って制御している。このグループポリシーは、クライアントPCが起動するときや、ユーザーがシステムにサインインするときなどにロード、適用されるようになっている。またバックグラウンドでも、ある一定時間ごとに更新されている。

 だがシステムやネットワークの設定状態や、何らかのトラブルや設定ミスなどにより、グループポリシーが正しくクライアントに伝達されない場合がある。

 また、サーバ側でグループポリシーを更新しても、その変更がクライアントへすぐに通知されるわけでない。しかし動作テストなどの際には、その変更されたグループポリシーの設定結果を速やかに確認したり、適用したりしたいだろう。

 このような場合は、現在のグループポリシーを直ちに適用する「gpupdate」コマンドを使って、強制的にグループポリシーの適用を試みるとよい。

gpupdateコマンドでグループポリシーを手動適用するには

 gpupdateコマンドは、Active Directoryの管理用に提供されているコマンドラインツールの1つであり、Windows OSには標準装備されている。これを使うと、ドメインコントローラーから現在の最新のグループポリシーをロードし、システムに適用できる。セキュリティ設定も含めた、グループポリシーやローカルグループポリシーなどの設定を一括して更新、適用できる。

 グループポリシーのテスト時の強制適用だけでなく、何らかのトラブルでグループポリシーが更新されないような場合でも、このコマンドを使うと、更新できる(可能性がある)。また、コンピュータの設定だけや、ユーザーの設定だけを選択して適用することもできる。

 gpupdateコマンドの使用方法は、「gpupdate /?」とすると表示される。

gpupdateコマンドの使用方法を表示させる gpupdateコマンドの使用方法を表示させる

 一番基本的な使い方は、単に引数なしで「gpupdate」というコマンド名を入力して実行するだけである。

gpupdateコマンドを実行する gpupdateコマンドを実行する

 デフォルトでは、ユーザーの設定とコンピュータの設定の両方が適用される。一方のみ適用したい場合は、「/target:user」あるいは「/target:computer」というオプションを指定すればよい。

グループポリシー適用時にサインアウト/再起動を行うには

 再ログオンや再起動が必要なグループポリシーを設定している場合は、gpupdateコマンドに「/logoff」や「/boot」オプションを付けることにより、サインアウト(ログオフ)させたり、システムを再起動させたりできる。

 例えばユーザーやコンピュータを指定してソフトウェアのインストールや、ユーザーごとのフォルダリダイレクトの設定などが使われている場合には、再ログオンや再起動が必要となる。

 ただしこれらの操作が不要なポリシーが定義されている場合は、ログオフや再起動は行われない。

グループポリシーを強制的に適用させるには

 現在のポリシーの適用状態などにかかわらず、グループポリシーを再ロードして、それらを全て強制的に適用させるためには、「/force」オプションを利用する。

 デフォルトの(つまり/forceオプションを付けない)場合、グループポリシーのうち、変更があった部分のみが適用される。一方、/forceオプションを使えば全て再適用される。更新したグループポリシーや定義しているはずのポリシーが何らかの原因でうまく適用できない場合は、このオプションを使って強制的に再適用させるとよい。

gpupdate /force



Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。