連載
» 2007年07月13日 00時00分 公開

RAC構築で失敗しない重要ポイントとは?Oracle SE RACで手軽に高可用性システム(3)(2/3 ページ)

[松下雅,株式会社コーソル]

Oracleデータベースの導入

 Oracleデータベースの導入では、RAC固有の手順も多くなく、通常の導入と大きな差異はありません。ここでは2点ほど取り上げます。

 [インストール・タイプの選択]の画面では、購入したライセンスを選択します。その際ですが、ライセンスの選択前に[製品の言語]ボタンを押下して必要な言語が選択されているか確認し、その後でライセンスを選択してください。Standard Editionを購入した環境では、Standard Editionを選択します。先にライセンスを選択してから[製品の言語]ボタンを押下すると、ライセンスがEnterprise Editionに戻ってしまうことがあるので注意します。

 [ハードウェアのクラスタ・インストール・モードの指定]の画面では、[クラスタ・インストール]か[ローカル・インストール]かを選択します(図5)。RAC環境ではクラスタ・インストールが推奨されていますので、表示されているノード名すべてにチェックを入れて、先に進みます。

図5[ハードウェアのクラスタ・インストール・モードの指定]の画面 図5[ハードウェアのクラスタ・インストール・モードの指定]の画面

 クラスタ・インストールは、チェックしたノードすべてに、OUIが製品をコピーします。ローカル・インストールでは、すべてのノードに対してインストールを行う必要があります。

 残る項目は、通常の導入と変わりありません。設定を確認し、インストールを行います。インストール終了後、必要であればPSR(PatchSetRelease)や個別パッチを適用します。

Oracle Netの設定

 Oracle Netの設定についても、特記する内容は2点です。

 まず、LISTENERを作成する際には必ずNetCA(Oracle Net Configuration Assistant)を使用してください。RAC環境では、listener.oraファイルを作成するだけでは不十分です。NetCAを使用しないでLISTENERを構成することも可能ですが、工程が複雑になります。

 前回、Linux OSについて記載した内容にOCR(Oracle Cluster Registry)がありました。これはOracle Clusterwareが管理するリソースについて記載しておくものですが、ここにLISTENERも登録する必要があります。CUI(コマンドライン・ユーザーインターフェイス)から登録することも可能ですが、NetCAを使用すると自動で登録が行われるので、ここではNetCAを使用します。

 そして2点目は、NetCAを使用する際の注意点です。Oracleデータベース導入時と同様に、NetCAにもRAC構成用の画面が追加されています。

 まず[Real Application Clusters−構成]の画面では、[クラスタ構成]を選択します(図6)。

図6[Real Application Clusters−構成]の画面 図6[Real Application Clusters−構成]の画面

 次に[Real Application Clusters−アクティブ・ノード]の画面では、表示されているノード名すべてにチェックを入れて、先に進みます。

図7[Real Application Clusters−アクティブ・ノード]の画面 図7[Real Application Clusters−アクティブ・ノード]の画面

 残る項目は、通常の導入と同様です。設定を確認し、LISTENERを作成します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。