ニュース
» 2008年05月27日 00時00分 公開

英会話に文字はいらない――“えいご漬け”ソフト発売メロディーを覚えるように

[荒井亜子,@IT]

 ソフトウェア開発・販売会社プラトは5月27日、声に出して英語を学習するソフトウェア「えいご漬け Balingua System」を発売した。

 えいご漬け Balingua Systemでは、学習工程に英文テキストを一切使わないことが特徴。英語のレベルに関係なく「英語を話したいのに、話せない」という人を対象に、24日間の短期集中型の英会話トレーニングを行う。例えば、「Ben is American?」という質問に対し、ユーザーは「Yes,Ben is Amerian.」と声を出して答える。ユーザーは映し出される映像をガイドに、音声質問に対しマイクをとおして声で答える。情報を制限することでイメージを喚起させ学習効果を高める仕組みだ。

すべてのトレーニングを音とカード(イラスト)だけで構成。Q&Aのセット数は1232個、単語カード数は158個。

 プラトは、英語を話せるようになるためには2つの要素を身に付ける必要があるという。1つは、文構造をリズムやイントネーション(音のパターン)でつかむこと。もう1つは、頭の中で英文を作る際にテキストで考えないことだ。話したいことがイメージやイラストで思い浮かぶようになれば、英文と音が直結し、最終的にテキストなしでも英語を話せるようになるという。

 えいご漬け Balingua Systemは、4980円(税込み)で、プラトのWebページ限定発売。Windows XPとWindows Vistaで稼動する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。